かきつばた記念2018|最終予想|JRA馬キングズガードと地方馬ブルドッグボスを軸に3連複4点勝負!!

   2018/06/03

 
不動のマイル王不在!波乱の立役者とは?【マイルCS3点無料】
 

【神ログ無料メルマガ】

メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/


GW中なのでお休みの方も多いのではないでしょうか。中央競馬は週末しかありませんが、地方競馬にまで目を向けると平日でも行われます。30日(月)は平日ですが名古屋競馬場で交流重賞が行われます。ダート1400mで行われるGⅢ【かきつばた記念】が行われます。JRAから5頭が出走予定です。

 

★かきつばた記念2018枠順確定

1枠1番 コパノチャーリー
2枠2番 ブルドッグボス
3枠3番 キングズガード
4枠4番 ボルタディソーニ
5枠5番 エイシンヴァラー
5枠6番 トウケイタイガー
6枠7番 サクセスエナジー
6枠8番 カツゲキキトキト
7枠9番 メモリージルバ
7枠10番 ローズプリンスダム
8枠11番 サンライズメジャー
8枠12番 アイファーヴリル

 

★かきつばた記念2018全馬診断

01. コパノチャーリー

近走はあまり結果を残せていませんが中央馬でDr.コパさんが馬主なので人気を集めそうです。どちらかというと距離が1800m前後の方が結果を残せていますし、近走は距離短縮で結果を残せていないので前走よりさらに距離短縮となるので、いくら地方競馬と言えども厳しいのではないでしょうか。

 

02. ブルドッグボス

元中央馬で中央でも安定した戦績を残しているのでここでも注目の1頭です。地方に移籍してもその安定感は健在で昨年のJBCスプリントでは3着に入線しているので能力は非常に高いです。枠順も問題ありませんし、前走の負けで上手く疲れが抜けていればここは能力通りの競馬を見せてくれるのではないでしょうか。

 

03. キングズガード

中央馬でダート1400m戦で安定した戦績を残しているのでここはベスト距離の舞台です。交流戦も経験しているので問題ありません。近走は馬券に絡まない競馬が続いていましたが、中央GⅠやハイレベルなメンバーが集まった1戦なのでそこまで悲観的になる必要なないと考えています。相手関係も一気に楽になりますし、ここはアクシデントが無い限り馬券を外すとは考えられないので軸向きの1頭ではないでしょうか。

 

04. ボルタディソーニ

元中央馬で現在は愛知所属の地方馬となっています。地元では非常に安定した戦績を残していますが、さすがに今回はメンバーレベルが一気に上がるので厳しい競馬になるでしょう。

 

05. エイシンヴァラー

前走の黒船賞で勝利しているので距離適性は問題ありません。ただ前走のメンバーレベルと今回のメンバーレベルを比べると前走のような嵌まる競馬は難しいのではないでしょうか。馬場が脚抜きの良い馬場になればチャンスがありそうですが、良馬場なら評価を下げても良いのではないでしょうか。

 

06. トウケイタイガー

兵庫所属馬で昨年のこのレースの勝ち馬なので適性面の心配はありません。昨年とローテーションは違いますが、動ける状態で来ているのは確かなので状態面の心配もいりません。ただ昨年とは違うレースを経由している点と斤量が増える点を考えても相手までではないでしょうか。

 

07. サクセスエナジー

中央所属馬で準オープンまで勝利しているのでオープンクラスの実力の持ち主です。戦績を見ても1400mは問題ない距離です。前走はM・デムーロ騎手とコンビを組みましたが、今回は相性の良い松山騎手に変ったので見直しが必要な1頭ではないでしょうか。

 

08. カツゲキキトキト

前走は今回と同じ条件で勝利しているので適性面は問題ありませんただ戦績にムラがある部分が気になります。同じ条件で出走は今回が初めてなので連続好走なるかに注目したいところです。交流重賞でも結果を残している馬なのでここでも前走同様の競馬が出来ればチャンスがあるでしょう。

 

09. メモリージルバ

戦績を見る限りでは厳しいのではないでしょうか。

 

10. ローズプリンスダム

近走は2桁着順が目立っているので状態面が気になるところですがリフレッシュ出来ていれば中央馬なので能力は上位です。ただ今回は外枠に入りましたし、距離短縮の1戦なので不安材料が多いです。ベスト距離は1800m前後なので1400mの流れに対応出来るのかが気になるところです。鞍上は戸崎騎手なので上手くエスコートしてくれれば複勝圏内ならあり得るのではないでしょうか。

 

11. サンライズメジャー

初ダート挑戦となるので未知数な部分が多いです。中央馬なので能力的には問題ありませんし、血統的にダートを走れてもおかしくはありません。ダートが嵌まれば面白い存在ですが、こればかりは走ってみないと分からないので抑えまでではないでしょうか。

 

12. アイファーヴリル

地元名古屋では安定した戦績を残しているのですが、今回はメンバーレベルが一気に上がりますし、初重賞挑戦なので壁が高いのではないでしょうか。3連勝中と勢いはありますがここは軽視したいです。

 

★かきつばた記念2018最終予想

◎ 03. キングズガード
○ 02. ブルドッグボス
▲ 08. カツゲキキトキト
☆ 11. サンライズメジャー
△ 06. トウケイタイガー
△ 07. サクセスエナジー

 

★かきつばた記念2018買い目

3連複・・・4点
03 - 02 - 08,11,06,07

 

交流重賞は買い目を絞らないと配当妙味が少ないです。今回は中央勢もパッとしないメンバーなので荒れた結果になる可能性があるので広く抑える馬券を選択しました。

 

では、良い祝日を・・・

  スポンサーリンク
 
万馬券ハンター直伝!【マイルCS】は人気馬の一角に死角あり
 

口コミで話題騒然の競馬予想サイト


昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂】オウマナビ
【おすすめ度】★★★★★★★★★★
【URL】http://ouma-navi.com/
【おすすめポイント】
『オウマナビ』はは8割の方が儲かると実感中!無料情報で毎日楽しく稼げちゃう!今なら無料で万馬券の大チャンス!!
無料情報でご案内する買い目でまずは的中を手にして下さい。

競馬報道が支持される理由とは?


①的中率が80%以上の精度!
②買い目は前日公開だから安心!
③厳選した3連単小点数でお届け!
④プロの精鋭が予想するので高配当の穴馬がわかる!

【第1位】競馬劇場
【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://keiba-gekijo.com/
【おすすめポイント】
なぜ「競馬劇場」が支持されるのか?
■専属契約「馬券師」の充実、社台とのパイプは業界一!
■毎週「100%真実」のみをお届けする結果速報メール!
■「3連単情報」に特化、毎週のどれかのコースで的中継続中
■漫画で分かりやすく「競馬・馬券」を解説!
以上より、競馬初心者から上級者まで幅広い層から支持を受けてます。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第1位」に認定します。

【第2位】ターフビジョン
【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://tr-vision.net/
【おすすめポイント】
圧倒的な的中率の高さがおすすめポイント。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。 また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第2位」に認定します。

【第3位】競馬大陸
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】https://www.kb-tairiku.net/
【おすすめポイント】
『競馬大陸』は58週連続的中している利益に特化した無料情報を毎週公開中。ナイチンゲールの統計学×メンデルの生物学を取りいれて、的中、利益を追求しています。その代わり、「競馬の楽しみや予想の喜び」などは一切皆無です(笑)的中のみが欲しい方は是非登録してみてください!競馬の楽しみが減るということで、「第3位」に認定します。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。



この4サイトがあれば競馬でしっかり儲けられそうですね。

それでは!


  スポンサーリンク


関連記事-こちらもどうぞ