菊花賞2020|枠順木曜確定|全頭診断|最終追い切り診断|外厩|最終追い切りから見えた穴馬は!?コントレイル三冠の可能性UP!現時点での本命馬・穴馬候補はこの馬だ!

2020年競馬予想

秋華賞のデアリングタクトは強かったです。春2冠の時よりもさらに強くなっている印象を受けた競馬でした。日本競馬史上初の無敗の3歳牝馬三冠馬が誕生しました。アパパネやジェンティルドンナなど3歳牝馬三冠馬はこれまでに誕生していますが、「無敗」というのが凄いです。彼女の強さはいろいろな人が記事にしているのでここで改めて書く必要はないでしょう。本当に強い馬です。

2020 秋華賞

 

ただ、本当にそれだけでいいのでしょうか。今の彼女に一番必要なのは「負ける」ことだと思っています。意味わからんと思うかもしれませんが、日本の名牝や先日現役を引退したエネイブルも無敗ではありません。負けたことでさらに稽古を積み、不安材料を払拭して最強という完全な形を作り上げました。デアリングタクトはまだその域にまでは達していません。彼女が日本を背負う最強牝馬になるのは、負けた後にあるではないでしょうか。

 

さて、今週も無敗の三冠馬が誕生するかもしれません。クラシック最終戦【菊花賞】が京都芝3000mで行われます。3歳馬にとってはこの3000mという距離はとてつもなくハードな競馬でタフさが問われるレースで、「最も強い馬が勝つ」と言われています。このレースで結果を出すことで世代最強の称号が近づくレースです。フルゲート18頭に対して、現時点で29頭の登録があります。メンバーもかなり見応えがあるので、各馬はさっとですが短評していきます。

 

この記事では日曜日の京都メインのGⅠ【菊花賞】に出走予定馬の全頭診断を行います。

 

★菊花賞2020出走予定馬!!

枠順確定後、コチラで枠順を発表します。

 

★菊花賞2020全頭診断(前半)!!

アイアンバローズ 牡3 57.0㎏ 岩田康騎手

1週前追い切り【栗東 坂路(良) 併走 53.3‐39.0‐25.7‐13.3】
最終追い切り 【 映像なし 】

除外対象馬です。前走の神戸新聞杯で権利を獲得出来なかったのは残念です。京都コースは(2:1:1:0)と一度も馬券を外していないコースなので出走出来れば面白かったのですが。

 

アリストテレス 牡3 57.0㎏ C.ルメール騎手

1週前追い切り【栗東 CW(良) 併走 82.7‐66.4‐51.9‐38.0‐12.4】
最終追い切り 【栗東 CW(良) 併走 82.8‐67.5‐52.5‐38.3‐12.1】

4/6の抽選対象馬です。ここまでなかなか勝ち切れずクラシック路線に乗ることが出来ませんでしたが、デビューからの鞍上を見返せば陣営の期待度が伺えます。プリンシパルステークス以降は成長を促し、始動後2戦2勝と結果につながってきました。産駒的にも距離延長は歓迎なので抽選突破すれば。

 

アンティシペイト 牡3 57.0㎏ 武豊騎手

1週前追い切り【美浦 南W(良) 併走 64.9‐50.7‐37.4‐12.3】
最終追い切り 【美浦 南W(良) 併走 67.7‐53.2‐39.2‐12.8】

4/6の抽選対象馬です。3連勝でなんとか抽選に間に合わせました。距離が伸びた方がいい競馬をしているので距離延長は問題在りません。さらに長距離レースで最も問われる騎手の技量なのですが、引き続きレジェンド武豊騎手が騎乗してくれるのは心強いです。

 

イロゴトシ 牡3 57.0㎏ 小崎騎手

1週前追い切り【 映像なし 】
最終追い切り 【 映像なし 】

除外対象馬です。前走の神戸新聞杯の競馬を見ている限りでは力不足です。陣営も芝かダートかで迷っている感じです。

 

エンデュミオン 牡3 57.0㎏ 未定

1週前追い切り【栗東 CW(良) 併走 82.2‐66.9‐51.5‐37.9‐11.8】
最終追い切り 【 映像なし 】

除外対象馬です。前走神戸新聞杯では6着と頑張りましたが、かなりコンスタントに使っておりあれ以上の上積みは感じないので、自己条件で結果を残して欲しいです。

 

ガロアクリーク 牡3 57.0㎏ 川田騎手

1週前追い切り【美浦 南W(良) 単走 69.6‐53.2‐39.1‐12.1】
最終追い切り 【美浦 南W(良) 併走 67.3‐52.0‐38.1‐12.9】

春はL.ヒューイットソン騎手が巧に操り皐月賞3着などの結果を残しました。ただデータ的にはセントライト記念組はあまり良くありませんし、キンシャサノキセキ産駒なので距離もどうかという疑問が残ります。状態面は問題無さそうなので、枠と展開次第がカギとなりそうです。

 

キメラヴェリテ 牡3 57.0㎏ 松若騎手

1週前追い切り【栗東 坂路(良) 単走 54.6‐39.6‐25.5‐12.7】
最終追い切り【栗東 坂路(良) 単走 52.5‐38.2‐24.9‐12.5】

芝の重賞級になると力不足感があるのですが、逃げることが出来る馬なので他馬に邪魔されずに逃げれることが出来ればチャンスはあるかも知れませんが、騎手の技量が問われるので松若騎手にそこまでの技量があるのか見ものです。

 

ココロノトウダイ 牡3 57.0㎏ 丸山騎手

1週前追い切り【 映像なし 】
最終追い切り 【美浦 南W(良) 併走 70.2‐54.8‐40.3‐12.5】

4/6の抽選対象馬です。現状重賞クラスでは歯が立たない状況です。自己条件でしっかりで力をつけてからでしょう。

 

コロンドール 牡3 57.0㎏ 未定

1週前追い切り【 映像なし 】
最終追い切り 【 映像なし 】

除外対象馬です。デビューから安定した結果は残しているものの重賞レベルではないので。来年に向けて秋はしっかり自己条件で結果を残してほしいです。

 

コントレイル 牡3 57.0㎏ 福永騎手

1週前追い切り【栗東 CW(良) 併走 84.6‐67.0‐51.7‐37.8‐12.2】
最終追い切り 【栗東 坂路(良) 単走 52.5‐38.3‐25.3‐12.9】

もう説明不要でしょう。先週のデアリングタクト同様に血統的には少し気になるところはあるのですが、春の圧倒的な強さと秋初戦の前走GⅡ神戸新聞杯での危なげない勝利でここも問題ないと思います。父同様に三冠になるのは通過点に過ぎないか。

 

サトノインプレッサ 牡3 57.0㎏ 坂井騎手

1週前追い切り【 映像なし 】
最終追い切り 【栗東 CW(良) 単走 87.1‐69.4‐52.5‐38.0‐12.2】

コントレイルと同厩舎なので援護に徹する可能性はあるものの、日本ダービー4着の実績と、再び坂井騎手とのコンビ再結成というところを考えると勝負する可能性もあります。日本ダービーは見せ場を作っていたので中距離よりも長距離のイメージが強いのでスムーズな競馬が出来れば穴をあけるのではないでしょうか。

 

サトノゴールド 牡3 57.0㎏ 川島騎手

1週前追い切り【栗東 CW(良) 併走 86.2‐69.6‐54.5‐39.3‐12.6】
最終追い切り 【 映像なし 】

除外対象馬です。札幌2歳ステークス2着の実績はあるものの、近走の競馬ではここでどうこうは厳しいでしょう。まずは自己条件で結果を残してほしいです。

 

サトノフラッグ 牡3 57.0㎏ 戸崎騎手

1週前追い切り【美浦 南W(良) 併走 63.4‐48.9‐35.6‐12.4】
最終追い切り 【美浦 南W(良) 併走 66.0‐51.9‐38.6‐12.9】

GⅠとなると微妙ですが、前走のセントライト記念では成長した姿を見せてくれました。休み明けの分で最後は脚が止まりましたが、追い切りの動きでは上積みを感じました。鞍上の戸崎騎手もプラスです。後は初遠征に平坦の京都をこなせるか。

 

ターキッシュパレス 牡3 57.0㎏ 富田騎手

1週前追い切り【栗東 CW(良) 併走 80.3‐65.4‐51.6‐38.7‐12.8】
最終追い切り 【栗東 CW(良) 併走 83.9‐67.4‐52.4‐38.0‐11.7】

4/6の抽選対象馬です。オーナーがゴドルフィンなので不気味な存在です。血統的にはマイラー血統みたいなのですが、中距離も持つ馬なので最近の菊花賞の傾向を考えると走っても驚けません。雨で馬場がタフになれば一発あるのではないでしょうか。

 

タイセイモンストル 牡3 57.0㎏ 松山騎手

1週前追い切り【栗東 CW(良) 併走 86.2‐68.4‐53.0‐39.2‐12.8】
最終追い切り 【 映像なし 】

除外対象馬です。休み明けぶっつけ本番でこのメンバーに通用するほどの力はありません。まずは自己条件で勝利して欲しいです。

 

サイト名 血統ウィナーズ
https://t-winners.jp/
【おすすめポイント】
競馬はブラッドスポーツと言われるほど「血統」が非常に大事です。血統は非常にスタンダードな予想方法ですが、血統ウィナーズはさらにかなり細かな分析でDNAレベルでの血統予想を展開しています。インターネット普及のおかげで誰もが簡単に血統を調べることが出来る様になりましたが、本当に理解しているのはほんの一握りでしょう。このサイトはその一握りに入っています。血統予想に特化した真の血統予想サイトです。もちろん登録するだけで無料情報を始め、今なら3,000円分のポイントがプレゼントされます。春のG1シーズンは始まったばかりなので、予想のお供に是非ご利用ください。

 

★菊花賞2020全頭診断(後半)!!

ダノングロワール 牡3 57.0㎏ 北村友騎手

1週前追い切り【美浦 南W(良) 併走 64.3‐50.1‐37.0‐12.3】
最終追い切り 【美浦 南W(良) 併走 67.3‐52.8‐38.8‐12.8】

4/6の抽選対象馬です。デビュー当初はなかなか結果を残すことが出来ませんでしたが、距離が2400m前後に安定すると結果を残せられるようになりました。ハーツクライ産駒ということで穴人気しそうです。今回は距離延長戦ではあるものの、距離は伸びた方がよさそうです。現状の力では勝ち負け程ではありませんが、複勝圏内ならチャンスはあるでしょう。

 

ディープボンド 牡3 57.0㎏ 和田騎手

1週前追い切り【栗東 CW(良) 併走 80.0‐65.4‐50.2‐37.7‐12.3】
最終追い切り 【栗東 坂路(良) 単走 54.0‐38.6‐24.9‐12.3】

キズナ産駒の当馬ですが、怪物級の馬がいる中で京都新聞杯以降は安定した結果をのこしています。菊花賞好血統ですし、距離延長も問題ないでしょう。京都コースは相性がいいので条件面も問題ありません。追い切りの動きも加速ラップを踏んでいる良い追い切りだったので状態面も問題ないでしょう。

 

ディアマンミノル 牡3 57.0㎏ 幸騎手

1週前追い切り【 映像なし 】
最終追い切り 【栗東 CW(良) 併走 83.1‐66.4‐51.7‐38.4‐12.3】

4/6の抽選対象馬です。2連勝の勢いで格上挑戦で挑む当馬。前走京都コースで勝利しているので適性面は問題ないでしょう。さらに好走血統でもあるので夏の上り馬として注目の存在になるでしょう。格上相手にどこまで自分の競馬が出来るか。

 

トウカイデュエル 牡3 57.0㎏ 酒井騎手

1週前追い切り【 映像なし 】
最終追い切り 【 映像なし 】

除外対象馬です。さすがに力不足です。道悪も苦手そうなので今の京都は合わないような気がします。

 

バビット 牡3 57.0㎏ 内田博騎手

1週前追い切り【栗東 CW(良) 併走 82.7‐67.5‐52.1‐38.2‐12.0】
最終追い切り 【栗東 坂路(良) 単走 55.7‐40.6‐26.3‐13.0】

例年ならセントライト記念は不振ではあるが、それは神戸新聞杯が阪神開催の場合で今年は中京開催だったので、逆にセントライト記念組がアツいとも言えます。そのセントライト記念の勝ち馬なので注目の存在です。逃げ馬なので騎手の手腕が問われるが、ベテランの内田騎手が引き続き騎乗するので心強いです。前走の競馬からスタミナ面は問題無さそうなので、コントレイルとの展開の兼ね合いが勝負のカギとなるでしょう。

 

ヒートオンビート 牡3 57.0㎏ 川田騎手

1週前追い切り【栗東 坂路(良) 併走 54.4‐39.4‐25.5‐12.8】
最終追い切り 【 映像なし 】

除外対象馬です。近走は良い競馬をしていますが、現時点では出走するのは厳しいので自己条件でしっかり力をつけてほしいです。

 

ビターエンダー 牡3 57.0㎏ 津村騎手

1週前追い切り【美浦 南W(良) 併走 66.4‐51.7‐38.4‐12.6】
最終追い切り 【美浦 南W(良) 併走 66.6‐52.8‐39.2‐12.5】

追い切りの動きは良かったのですが、今回輸送と初京都という課題をクリアしないといけません。それでなくても強敵コントレイルがいるので条件的には厳しいですが、クラシック皆勤賞ですし見せ場は作って欲しいです。

 

ブラックホール 牡3 57.0㎏ 藤岡佑騎手

1週前追い切り【美浦 南W(良) 併走 66.6‐51.7‐38.4‐12.8】
最終追い切り 【美浦 南W(良) 併走 65.1‐50.2‐37.4‐12.5】

3歳になってから結果を残せていないのが気になります。今回はさらに初の関西遠征と課題は山積です。京都コースは初ですが、問題なく走れそうです。ただ今の京都のボコボコの馬場を考えるとかなりスタミナが要求されそうなのでどうか。

 

マンオブスピリット 牡3 57.0㎏ M.デムーロ騎手

1週前追い切り【栗東 CW(良) 併走 81.5‐65.8‐51.9‐38.6‐12.6】
最終追い切り 【栗東 CW(良) 単走 89.0‐71.5‐55.3‐41.1‐12.7】

前走の神戸新聞杯は完全に休み明けといった感じでした。鞍上のM.デムーロ騎手も本番に向けての感覚をつかむ感じでした。追い切りの動きはベストとは言えないものの、相性の良い京都コース替わりですし、GⅠでの外国人騎手は本当に怖いです。コントレイルについていく競馬が出来ればチャンスはあるでしょう。

 

ラインハイト 牡3 57.0㎏ 北村友騎手

1週前追い切り【栗東 CW(良) 併走 82.1‐67.1‐52.7‐39.1‐12.2】
最終追い切り 【 映像なし 】

除外対象馬です。自己条件でしっかり力をつけて満を持して挑んだ前走のセントライト記念は初重賞戦で休み明け初戦ではあるものの4着と結果を残すことが出来たのは評価が出来ます。もう少し賞金加算が出来ていれば。

 

レクセランス 牡3 57.0㎏ 松山騎手

1週前追い切り【栗東 CW(良) 併走 82.6‐66.5‐51.4‐37.1‐12.4】
最終追い切り 【栗東 坂路(良) 単走 54.3‐39.7‐25.7‐12.5】

松山騎手は今一番勢いのある騎手なので怖い存在です。もちろん馬自身も京都は2戦2勝と結果を残している舞台なのでコース替わりは問題ありません。前走の神戸新聞杯は休み明け初戦ではあったものの成長分を見せてくれましたし、叩き2戦目ということで上積みが期待出来ます。今の京都は欧州血統の戦績が良いので血統面的にも評価出来ます。

 

ロバートソンキー 牡3 57.0㎏ 伊藤騎手

1週前追い切り【美浦 坂路(良) 併走 52.2‐38.7‐25.1‐12.7】
最終追い切り 【美浦 坂路(良) 併走 52.4‐38.9‐25.6‐12.6】

例年なら神戸新聞杯組は評価されるので3着の当馬は穴人気する可能性がありますが、今年は阪神ではなく中京開催だったので例年通りのデータが通用するでしょうか。血統的にも長距離タイプの馬ではないですし、今の京都はスタミナも問われます。さすがに子のメンツに入ると厳しいか。

 

ヴァルコス 牡3 57.0㎏ 三浦騎手

1週前追い切り【栗東 CW(良) 併走 83.8‐67.2‐51.7‐37.5‐11.9】
最終追い切り 【栗東 坂路(良) 単走 57.4‐41.3‐26.6‐13.4】

最終追い切りにはビックリしましたが、友道厩舎のことなので何か奇策があるのでしょうか。今の京都の馬場には当馬みたいなタイプがピッタリではないでしょうか。先週の京都の馬場と今週の開催を考えるとスタミナが問われるレースになるのは明白なのでスタミナ豊富の当馬にはアドバンテージです。あとは当日の馬体と場体重次第がどうかですね。

 

ヴェルトライゼンデ 牡3 57.0㎏ 池添騎手

1週前追い切り【栗東 CW(良) 併走 82.3‐66.0‐51.4‐37.9‐11.9】
最終追い切り 【栗東 CW(良) 併走 84.4‐67.0‐51.8‐37.4‐11.7】

コントレイルに最後まで襲い掛かかれる馬は当馬しかいないでしょう。コントレイルとサリオスと同世代に生まれなければクラシックタイトルを持っていてもおかしくない能力の持ち主です。それだけに陣営はデビューからトップ騎手を騎乗さし、クラシックは大舞台に強い池添騎手で挑んできました。前走で後方からの競馬も取得して脚質の幅も広がりました。打倒コントレイルになるか注目です。

 

現時点での本命馬候補 ⇒ A.菊花賞2020本命候補は最強競馬ブログランキング

現時点での穴馬候補 ⇒ B.菊花賞2020本命候補は最強競馬ブログランキング

 

また上位に返り咲けるように頑張ります。

明日も神ログを覗いてみてください。

よろしくお願いします。

 

菊花賞の最終結論!【馬主×廐舎×騎手】なら馬券は3点で十分!

■■【菊花賞】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

菊花賞の最終結論!【馬主×廐舎×騎手】なら馬券は3点で十分!

関係者が本気で買う『3点勝負馬券』を特別無料公開!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

①元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている

②情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析

【菊花賞】関係者が買う『3点勝負馬券』はコチラ

 

タイトルとURLをコピーしました