【高松宮記念2018】出走予定馬|全馬診断|スプリンターズステークス2連覇のレッドファルクスが春秋連覇を賭けた1戦へ!!

   2018/06/24

 
今年もダービー馬不在で大波乱!?【菊花賞・馬連3点勝負】無料
 

【神ログ無料メルマガ】

メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/


先週行われたGⅡ【阪神大賞典】は波乱の結果となりました。配当としてはあまりつきませんが2強対決と睨んでいたアルバートクリンチャーが共に敗れました。勝利したのは岩田騎手が鞍上のレインボーラインでした。有馬記念以来の競馬でしたが折り合いを欠くことなくスムーズな競馬が出来ていました。鞍上の岩田騎手もかなり成長を感じたようなので本番のGⅠ【天皇賞春】でも見逃せない存在となりました。天皇賞春の時期は雨の時期と重なる可能性もあるのでこの馬にとっては最高の舞台となるかもしれません。予想としては△▲〇◎△と印を回した馬が入線してくれましたが、本命馬が馬券圏内に入線しなかったので残念な結果となりました。

 

今週からいよいよ春のGⅠ戦線が始まります。新年初の芝GⅠは春のスプリント王を決めるGⅠ【高松宮記念】です。電撃の6F戦なのでゲートが開けばアッという間に終わってしまいます。一世代前まではスプリント界には絶対的王者がいたので比較的に当てやすいGⅠでしたが、昨今は絶対的王者がいないので非常に難しいGⅠレースになっています。

 

★出走メンバー短評(前半)

キングハート

前走中山競馬場で行われたオーシャンステークスを10番人気ながら勝利した事で穴馬として人気を集めそうです。GⅠ馬やスプリントの実力馬がいる中で結果を残したので今回も状態面が良ければ印を回したいですが、中間の動きは間隔があまりないせいか軽めです。前走がフロック視ではないと証明するためにはここは好走が必要でしょうが、相手関係が一気に上がるので勝ち切るのは難しいでしょう。追い切りでデキ落ちが無ければ押さえておきたいです。

 

シャイニングレイ

前走の阪神カップではかかってしまい9番人気ながら18着と最下位に敗れました。1400m戦ではありましたが、この負けによって今回はかなり人気しないでしょうから美味しい存在だと考えています。6歳馬ではありますがキャリア8戦なので使い減りの心配はありませんし、1200m~1400m路線に転向してから良績を残しているのでここでも能力を出し切れば馬券圏内に入れる力を持っています。ただ鉄砲の戦績があまり良くない馬なので追い切りの動きで判断したいです。

 

ジョーヌエコール

近走の競馬を見る限りでは2桁着順が続いているので人気はしないでしょうが、函館スプリントステークスで勝利しているのでスプリント能力は高いです。今回は鞍上が北村騎手から福永騎手に替わるので条件的にも好転します。デビューから3戦と、函館スプリントステークスで見せた末脚がここでも繰り出せることが出来ればチャンスはあるのではないでしょうか。操縦性が無い馬なので内枠に入ると今回も2桁着順になるでしょうが、外枠に入れば見直しが必要です。

 

スノードラゴン

前走のオーシャンステークスは前が有利の展開になったので後ろから行く馬の当馬にとっては難しい競馬展開になりましたが、前々走のカペラステークスでは2着とまだまだこの年齢でも結果を残しているのでまだまだ複勝圏内ならチャンスはあるのではないでしょうか。中間も使っているので軽めの調整ですがしっかり稽古を消化しているので問題ないでしょう。ただ馬体重が増え続けているので絞れてくるかがポイントになるでしょう。

 

セイウンコウセイ

昨年の勝ち馬なので2連覇がかかる1戦です。高松宮記念以降は状態面が崩れて全く結果を残せませんでしたが、前走のシルクロードステークスで2着と復調気配を見せてくれました。昨年もシルクロードステークスで2着で本番で勝利したので当馬にとっては良い流れで本番に迎えているのではないでしょうか。キャリアを見てもこの時期の競馬は崩れていませんし、中間の動きを見ても上積みを感じられる警戒な動きを見せてくれています。鞍上の松田騎手も昨年は乗り替わりで騎乗出来ませんでしたが、今年は騎乗出来る予定なので燃えているでしょう。近走の戦績で人気が落ちるなら狙いたいです。

 

セカンドテーブル

登録段階では馬名がありますが除外濃厚の様です。中京コースでは好走している馬なので大穴馬と考えていましたが残念です。

 

ソルヴェイグ

出走すれば人気を集めそうですが、賞金的には除外対象馬です。田辺騎手を陣営は手配しているようなので除外馬が出ればチャンスが回ってくるだけに中間もしっかり状態面を整えられています。騎手を手配する辺りも勝負気配が高いと思うのですがこのメンバー相手となると少し厳しい競馬になるのではないでしょうか。
ダイアナヘイロー

人気先行型のタイプで人気を裏切りやすい馬なのでここでも人気を集めそうですがそこまで信頼するのは危険でしょう。気性が荒い部分がありましたが、年齢を重ねるごとに大人になり4歳夏頃から安定した戦績を残すようになりました。近走は大敗が続いていましたが、前走の阪急杯では強敵相手に勝利したので状態面は戻りつつあるのではないでしょうか。ただ前走は楽にこの馬の競馬が出来た印象もあるので、前走勝利したことでマークされる立場になると崩れる可能性もあります。追い切りや枠順などを考慮してその辺りは考えたいです。

 

ダンスディレクター

8歳馬なので年齢から軽視されそうですが、注目しておきたい1頭です。武豊騎手と相性が良い馬なので武豊騎手が再び騎乗してくれるのは心強いです。今年に入って初戦の競馬になりますが、中間はしっかり乗り込まれており稽古でも好時計を出しているので初戦から動ける状態と考えても良さそうです。昨年の競馬を見てもGⅠレースを除けば崩れた競馬をしていないので、勢いそのままに好走する可能性もあるのではないでしょうか。最終追い切りま見て判断したいですが、印を回しておきたい馬です。

 

ナックビーナス

重賞レースへの挑戦もあるのですが、大崩れの少ない戦績を残しています。重賞経験はあるのですが重曹レースでの最高着順は2着なのでさすがにここで勝ち負けするのは難しいでしょう。相性の良かった横山騎手から初騎乗の三浦騎手に替わるのが気になる点ですが、ケガ明けながら乗れている騎手でもあるので馬券的には抑えていても損は無いかもしれません。

 

ネロ

一昨年の京阪杯で勝利して結果を残せていません。昨年の京阪杯でまた勝利しましたが、今年も京阪杯まで崩れる可能性は大です。近走の競馬を見てもここで買いたい材料はありません。最終追い切りなどみて判断したいですが、今のところ軽視で良いのではないでしょうか。

 

ノボバカラ

4歳まで活躍していましたが、5歳ころから衰退していき近走は2桁着順が目立つようになりました。今回は陣営もあまり勝負気配を感じないので軽視します。

 

★出走メンバー短評(後半)

ビップライブリー

準オープンを勝利してオープン入りを果たしてから重賞レースへの挑戦が続いていますが、層が厚いのかなかなか結果を出すことが出来ていません。しかし大崩れなく掲示板は外さない安定感があります。賞金的に除外馬が出ないと出走は難しいのですが、上手く乗り役がエスコート出来れば爆発する可能性を秘めているので出走が叶えば注目したい馬です。

 

ファインニードル

昨年のスプリンターズステークスでは2桁着順の12着と大敗しましたが、前走のシルクロードステークスではかなり成長した姿を見せてくれました。前走比で+18㎏はどうなのだろうと思いましたが、追い切りでもしっかり動いていましたし、レースでも休み明けを感じないレースぶりだったのでこの体重増は成長分ということになりました。この中間もしっかり乗り込まれており、1週前追い切りでは自己ベストをマークしているのでさらに成長している印象を受けました。最終追い切りにも注目したいですが、この調子で行けば勝ち負けもあるのではないでしょうか。ただ左回りの実績が少ないだけに経験値の差が出るかも知れません。

 

フミノムーン

出走順位が22番なのでかなりの数の回避馬が出ないと出走は厳しいでしょう。近走の戦績を見てもここは力不足です。

 

ブリザード

香港馬ブリザードが昨年のスプリンターズステークスに引き続き日本のスプリントGⅠに参戦します。昨年のレースを見てる限りでは日本の馬場も問題なさそうな印象を受けました。左回りに対応出来るのかが鍵になりそうですが、対応が出来れば日本勢には最大のライバルになるのではないでしょうか。鞍上が変わるのが少し気になる所ですが、馬券的には入れておきたい1頭です。

 

モーニン

ダートGⅠフェブラリーステークスを制した馬が低迷期に入り、芝に転向して3戦目となります。近2走の結果を見てる限りではやはり芝よりもダートの方がこの馬に合っている印象を受けます。血統的にはこのコースで走れてもおかしくないのですが、後ろから行く競馬では間に合わないので先行策で競馬をする奇襲作戦に出れば面白いのですが、陣営からはそのようなコメントは出ていないのでいつも通りの競馬をすれば通用しないでしょう。

 

ラインスピリット

大崩れは少ないものの重賞レースで結果が残せていませんし、中京コースでも結果を残せていません。昨年も2桁着順に敗れており、戦績から別馬ほど成長したとは思えないので軽視します。

 

ラインミーティア

昨夏の2重賞で結果を残して満を持してスプリントGⅠに挑戦しましたが撃沈し、以降立て直せない状況が続いています。今年に入ってすでに2戦消化しているのですが、2戦とも2桁着順に敗れているので2回叩いたことで上向きを期待したいですが、そこまで激変するとも思えないので厳しいのではないでしょうか。

 

リエノテソーロ

一昨年の2歳優駿の勝ち馬で昨年のNHKマイルCで2着に入線した馬なので能力は高いのですが、NHKマイルC以降馬券に絡めていないので早熟馬な印象です。陣営も芝やダートなど様々なところを使って探っているようなのでその状態でこの舞台で激走は考えにくいです。ブリンカーと叩き2戦目の効果でどこまでやれるかに注目です。

 

レーヌミノル

昨年の桜花賞を勝利して以降牝馬クラシック戦線では距離の影響もあったのかなかなか結果を残すことが出来ませんでした。距離にあまり幅の無い馬で自分の適正距離外になると結果を残すことが出来ていません。ただ自分の適正距離範囲内になると3走前のマイルチャンピオンシップのように強敵牡馬相手でも臆する事なく4着に好走しているので適正距離範囲内ならばベストのパフォーマンスを示してくれるのではないでしょうか。ただ近2走の距離短縮の競馬を見ている限りではマイル専門にも思えてきます。ただ状態面は追い切りでは非常にいい動きをしているので取り捨てに迷う1頭です。

 

レッツゴードンキ

2015年の桜花賞馬でマイル適性が高い馬でしたが、年齢を重ねてからは1200mを中心にマイルよりも短い距離で好走するようになりました。昨年の国内スプリントGⅠ高松宮記念とスプリンターズステークスではどちらも2着に入線しているので間違いなくスプリント路線の中心に立っている1頭です。ただ近2走は海外スプリントGⅠを使ったりしてどうしてもGⅠタイトルをもう一つタイトルを獲りたい欲が全面に出ているむちゃくちゃなローテーションなのでここに向けての本気度がどれほどのものなのか疑問が残ります。ただ前走フェブラリーステークスはここに向けての斤量調整で出した可能性もあるようで、裏付けるように追い切りでは好調の動きを見せているので最終追い切りで取り捨てを判断したいです。岩田騎手に手戻りするので後者の可能性が高いかもしれません。

 

レッドファルクス

昨秋のスプリントGⅠスプリンターズステークスを制して2連覇しており、昨年の高松宮記念でも馬券に絡んでいるので、現状ではスプリント界のエースと言える存在ではないでしょうか。昨年は高松宮記念前に海外遠征を敢行しましたが、今年は高松宮記念に向けて国内で調整を重ねてきました。前哨戦の阪急杯では3着と敗れましたが、久しぶりの競馬で展開もこの馬向きでは無かった事を考えると能力の違いを見せつける競馬でした。余裕残しの馬体でもあったのでしっかり仕上げて来るでしょうから上積みも期待出来ます。中京コースの実績も(3:0:1:0)と馬券を外していないのでコース適正も問題ありません。ただ中間の追い切りでの動きはあまり良くなかった点が気になるので最終予想でどこまで状態面を上げてくるのか注目です。

 

★昨年の王者出走も絶対的ではない・・・。

昨今のスプリント路線は大戦国時代となっています。スプリント重賞が行われた度に勝ち馬がコロコロ替わるので、馬券購入者の私たちにとっても予想が非常に難しいです。今年の高松宮記念には昨年の勝ち馬セイウンコウセイが出走していますが、信頼度は高いのかと考えると他の出走メンバーと変わりません。正直今のスプリント界のメンバーを見る限りではこの状況はしばらく続きそうです。ただ短距離界の絶対的王者ロードカナロアが種牡馬になったので彼の子どもがスプリント界で輝く可能性もあります。競馬はだたのギャンブルではなくブラットスポーツとも言われるのでそのような点からも競馬を楽しむのはいかがだろうか。

 

★春秋連覇か!?悲願達成か!?

豪華なメンバーが集まった高松宮記念ですが、人気を集めそうなのは春秋連覇がかかるスプリンターズステークス2連覇中のレッドファルクスでしょう。さらに鞍上がGⅠレースになると覚醒するM・デムーロ騎手というのも人気に拍車をかけているのではないでしょうか。今年は国内に専念して高松宮記念に向けて準備しているので連覇の可能性は高いのではないでしょうか。ただライバルたちも楽にこの馬を勝たせるわけではありません。中でも武豊騎手が鞍上のダンスディレクターではないでしょうか。2年連続でアクシデントが原因で高松宮記念を回避しており今回は3度目の正直で出走が叶うので陣営もこのタイトルへの熱は尋常ではないでしょう。鞍上も日本が誇るレジェンドを確保したのでこの2頭の直接対決からは目が離せません。

 

軸馬候補 ⇒ セイウンコウセイ

当ブログではスノードラゴンを良く推すことがあるのですが、今の馬体重なら厳しいのは明白です。となると勝算が一番高いのは昨年の勝ち馬である当馬ではないでしょうか。昨年の高松宮記念以降は結果を残せていませんが、昨年と同じ流れで挑めるのは評価出来るので中心視しても良いのではないでしょうか。

 

軸馬候補 ⇒ レッドファルクス

追い切りの動きは格下相手に先着を許すなど気になる点が多いものの実力を考えればこの馬はこのメンバーでは実力が抜けているので馬券を外すことは考えにくいです。今年はここを目標に海外遠征をしなかったわけなので、陣営もかなり勝負気配が高いでしょうから人気しますが逆らうのは危険ではないでしょうか。

 

  スポンサーリンク
 
過去5年の3連単平均は14万円【菊花賞】3連単買目・無料公開
 

口コミで話題騒然の競馬予想サイト


昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂】オウマナビ
【おすすめ度】★★★★★★★★★★
【URL】http://ouma-navi.com/
【おすすめポイント】
『オウマナビ』はは8割の方が儲かると実感中!無料情報で毎日楽しく稼げちゃう!今なら無料で万馬券の大チャンス!!
無料情報でご案内する買い目でまずは的中を手にして下さい。

競馬報道が支持される理由とは?


①的中率が80%以上の精度!
②買い目は前日公開だから安心!
③厳選した3連単小点数でお届け!
④プロの精鋭が予想するので高配当の穴馬がわかる!

【第1位】競馬劇場
【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://keiba-gekijo.com/
【おすすめポイント】
なぜ「競馬劇場」が支持されるのか?
■専属契約「馬券師」の充実、社台とのパイプは業界一!
■毎週「100%真実」のみをお届けする結果速報メール!
■「3連単情報」に特化、毎週のどれかのコースで的中継続中
■漫画で分かりやすく「競馬・馬券」を解説!
以上より、競馬初心者から上級者まで幅広い層から支持を受けてます。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第1位」に認定します。

【第2位】ターフビジョン
【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://tr-vision.net/
【おすすめポイント】
圧倒的な的中率の高さがおすすめポイント。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。 また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第2位」に認定します。

【第3位】競馬大陸
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】https://www.kb-tairiku.net/
【おすすめポイント】
『競馬大陸』は58週連続的中している利益に特化した無料情報を毎週公開中。ナイチンゲールの統計学×メンデルの生物学を取りいれて、的中、利益を追求しています。その代わり、「競馬の楽しみや予想の喜び」などは一切皆無です(笑)的中のみが欲しい方は是非登録してみてください!競馬の楽しみが減るということで、「第3位」に認定します。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。



この4サイトがあれば競馬でしっかり儲けられそうですね。

それでは!


  スポンサーリンク


関連記事-こちらもどうぞ