【三国(G1)北陸艇王決戦2017】優勝戦(12R)予想|1号艇「坪井康晴」の脚はピカイチ!

どうも。終始ガミっているスルメです。昨年のカープさんの様に、神ッテル状態になりたいものです。まぁ、ゼロになってないから別にええか…。

さて、日曜の三国GⅠ、北陸艇王決戦の優勝戦を予想していきましょう。

 

三国(GⅠ)北陸艇王決戦準優戦回顧

10R 池田浩二の差し光る!
進入は枠なり。1号艇の石田政吾がコンマ09のトップスタートを決めたが、スリット後の伸びが良かった3号艇桐生順平がマクリ戦法。これに応戦し、1、3号艇が外へ流れる隙をついて2号艇池田浩二がズバッと差し込み勝負アリ。絶好枠を引いた石田は、2周第二まで後続艇と競り合い、なんとか2着を確保。

 

11R 坪井康晴がパワーで圧倒
6号艇石野貴之が動いて、1、2、3、4、6、5の進入も、イン1号艇に陣取った坪井には全く関係なし。回った後の加速力と、直線の伸びで他を圧倒。只々、坪井の強さだけが目立ったレースだった。

 

12R 王者の進軍も・・・
進入は枠なり。地元三国のエース2号艇今垣光太郎と、ボートレース界で王者と称えられる1号艇松井繁が共にコンマ05の好スタート。しかし、4号艇茅原悠紀のマクリ強襲。一つ内の3号艇、こちらも地元選手萩原秀人を潰し、今垣へも襲い掛かったが、SG9勝の実績を誇る北陸の雄は、血気盛んな若者に僅かな抵抗を見せ、差し抜けをガード。しかし、前方で白いカポックを纏えば鬼より強い松井繁が、後方の競り合いなど全く構う素振りを見せずイン逃げを決めてV。いざ、優勝戦へ!…となるところだったが、待機行動違反を取られ、まさかの賞典除外。3着に入った、5号艇魚谷智之が繰り上がりで優勝戦へ。

 

三国(GⅠ)北陸艇王決戦優勝戦メンバー

1号艇:坪井康晴
節間成績 5 12 3 21 1
ポイント
脚はピカイチ。回った直後の加速力は力強く、伸び脚は爆裂。船脚は文句なしだと思う。初日の5着と二日目の4着を除けば、オール2連対。枠順問わず、勝ちを意識できると推察する。

2号艇:池田浩二
節間成績 5 24 21 2 1
ポイント
脚は準優でピンを取った3選手の中で、一番劣っているように見えた。ただ、モーターの調子は上り調子にあるので、極上の捌きで突き抜ける可能性も充分考えられる。

3号艇:石田政吾
節間成績 1 41 2 3 2
ポイント
絶好枠を活かせず。ただ、競り合い時に見せた脚は悪くなかった。今垣、萩原の分まで地元選手として奮闘を期待。

4号艇:峰竜太
節間成績 2 52 31 2 2
ポイント
準優の走りは印象に残らず。節間成績を見る限り、状態は上向きにあると思う。

5号艇:茅原悠紀
節間成績 3 25 4 31 2
ポンイト
準優は攻めに攻めまくるレースを展開。ターンが速いので、スタートをガチッと決めればマクリVも期待出来そう。

6号艇:魚谷智之
節間成績 35 1 34 1 3
ポイント
スタートを決め、1号艇と4号艇の間を狙って差し。完璧に入ったが、脚はその2艇に全く歯が立たず。このメンバーでは厳しそう。

スルメの最終予想

◎1号艇:坪井康晴
〇3号艇:石田政吾
▲5号艇:茅原悠紀
△2号艇:池田浩二

スルメの買い目

王者がいなければ◎は坪井で盤石!脚は良い地元の石田が対抗。アウト勢からは、高速ターンでマクリを決めることを期待して茅原を推す。混戦になれば池田の浮上もアリ。

3連単(20点)
1−3−流し
1−5−流し
3−1−流し
3−5−流し
1−2−流し

計2000円で!

PR

競艇サイト№1の実績!3連単66,900円的中!今なら1万円分のポイントプレゼント!

競艇ロードは情報力×予想力が凄いと言われております。情報ルートは元選手、現役新聞記者といった人物で構築されており、他にもプロ予想家などといった「競艇関係者」と太いパイプ で繋がっております。その「有益者」と「信頼できる関係」を構築出来ているからこそ有益な情報を安定して仕入れる事が可能となっております。

ABOUTこの記事をかいた人

自転車で阪神、園田競馬場、尼崎競艇場に通えるという恵まれた住環境を活かし、日夜お馬さんと船を追いかけている。 親戚縁者の子供達に「おじちゃんとお馬さん見に行こうか?」、或いは「お船を見に行こうか?」と言い続けた結果、「子供を近寄らせたくない親戚No.1」のタイトルを受賞。