エプソムカップ2019|出走予定馬|有力馬診断|最終追い切り診断|安田記念本命のインディチャンプが優勝!好調の追い切り予想が示す穴馬は2桁人気濃厚の〇〇!!

2019年競馬予想

先週行われたGⅠ【安田記念】はまたも1.0倍台の馬が敗れるという波乱の結果になりました。日本ダービーの時はサートゥルナーリアは馬券からも飛びましたが、アーモンドアイはスタート直後にアクシデントがありながらも何とか3着は死守してくれました。さらに危険視していた部分が少し出た様なレースでしたね。最後はなんとか迫ってという感じでした。ブログでも公開しましたが、本命はアーモンドアイでもダノンプレミアムでもなく調子が良さそうなインディチャンプにしました。結果は見事勝利で、この春の連続GⅠを良い形で締めることが出来ました。結果は◎△☆無▲と的中することが出来ました。相手筆頭にしたダノンプレミアムはロジクライの進路妨害のせいなのか最下位となりました。あの川田騎手の笑みは何だったのか・・・。

2019 安田記念

 

今週と来週はGⅠレースが無いので少し悲しい競馬開催となりそうですが、重賞レースが2レース組まれておりどちらもメンバー的には面白そうなので注目したいです。この記事では日曜日の東京メインGⅢ【エプソムカップ】の有力馬診断をしていきます。東京芝1800mで行われるのですが、なかなかのメンバーと騎手が集まったので面白いレースになりそうです。

 

★エプソムカップ2019出走予定メンバー

C.ルメール騎手が日曜日は東京に遠征に来ているのでそれだけ勝負気配が高いのかとも考えてしまいます。月末には春のグランプリレースGⅠ【宝塚記念】があるので、軍資金を稼ぎましょう

 

★エプソムカップ2019有力出走予定メンバー短評

ソウルスターリング 牝5 55.0㎏ 武豊騎手

1週前追い切り【美浦 南W(重) 単走 70.3‐54.0‐39.9‐13.5】

一昨年のオークス馬でフランケル初年度産駒として注目されていましたが、オークス以降は結果を残せていません。昨年のクイーンステークスで復活の兆しを見せましたが、近2走の競馬を見る限りでは早熟の可能性が高いです。1週前追い切りの動きを見てもまだまだいい時と比べると全然動けていません。まだまだ伸びしろはあるので最終追い切りでどこまで。

 

ダノンキングダム  牡5 56.0㎏ 三浦騎手

1週前追い切り【映像無し】

一昨年の青葉賞以来の重賞挑戦です。東京コースでは好走歴があるので適性面は問題ありませんし、距離も実績のある距離なので問題ありません。乗り替わり川田騎手から三浦騎手に乗り替わるのは残念ですが、騎乗経験もあり相性の良い騎手なので問題ないでしょう。今年のダノン軍団の勢いもあるのでGⅢなら。今週も高速馬場が続くようなら、当馬向きの展開になると思うので展開も味方につけて勝利なるか。

 

プロディガルサン  牡6 56.0㎏ D.レーン騎手

1週前追い切り【映像無し】

重賞レースを走るのは一昨年のマイラーズカップ以来になるのですが、自己条件では安定した結果を残しているのでここでも上位評価をしても良いのではないでしょうか。ここのところ3戦連続2着が続いているのですが、「決めて手」が無い馬なのでこの結果は仕方ないことでしょう。超良血馬で全妹が先週のオークスを制したラヴズオンリーユーなので血統的な勢いも感じられます。今年に入ってこのレースが3戦目なので状態面もピークでしょうから、最終追い切りの動きを確認して印を回したいです。

 

ミッキースワロー  牡5 56.0㎏ 横山典騎手

1週前追い切り【美浦 南W(稍重) 単走 67.8‐53.0‐38.2‐12.6】

昨年は結果こそ残すことが出来ませんせしたが、大阪杯、ジャパンカップではしっかり見せ場を作っていました。前走の新潟大賞典では厳しい条件の中で2着に好走しましたし、今回は叩き2戦目と言うことでさらに期待が高まります。1週前追い切りでも叩かれた分の上積みをしっかり披露しており叩き2戦目の今回は前走以上のパフォーマンスが期待出来ます。

 

レイエンダ     牡4 56.0㎏ C.ルメール騎手

1週前追い切り【映像無し】

先週のGⅠレースではアクシデントがありながらも馬券に絡んだのは馬の力もありますが、落ち着いて騎乗していた鞍上の力でもあるでしょう。久しぶりの騎乗となったもののやはり彼は信頼出来る騎手である事はには変わりありません。ただデビューから3連勝で期待された馬が約11ヶ月近く勝ち星から遠ざかっていること、近走2走を見ても買える材料をあまり感じるコトが出来ません。C.ルメール騎手が日曜日遠征するほどの馬では無い印象なので危険な人気馬なのかもしれません。

 

★最終追い切りが良かった馬ベスト3!!

1位 5枠8番 ミッキースワロー 牡5 56.0㎏ 横山典騎手

最終追い切り【美浦 南W(良) 併走 70.3‐55.2‐41.2‐12.9】

1週前追い切りよりもかなり動きも反応も良くなっている印象を受けました。併せ馬は格下相手でしたが、馬なりであの動きが出来るのはもう能力差としか言えません。メンバーの中でもトップの動きをしていたので勝ち負けでしょう。問題の脚質も勝利の女神が微笑んだのか天候が崩れそうなので脚が生かせる馬場になりそうです。

 

2位 5枠7番 ロディガルサン 牡6 56.0㎏ D.レーン騎手

最終追い切り【美浦 南W(良) 併走 66.0‐51.2‐37.3‐12.6】

1週前の映像が無いので直近の動きと比較する事が出来ないのですが、動きは非常に良かったです。最終追い切りでは鞍上のD.レーン騎手が騎乗しているので評価出来ます。最後は少し遊びましたが、抜け出すまでは完璧な内容だったので逆転可能な1頭でしょう。

 

3位 2枠2番 ハクサンルドルフ 牡6 56.0㎏ 大野騎手

最終追い切り【栗東 CW(良) 単走 82.9‐67.2‐51.7‐37.5‐11.6】

中1週の出走なので中間は状態面を整える程度と言った感じでした。しかし、最終追い切りの動きは前走よりも良くなっているので上積みがある証拠でしょう。適性面は問題ない馬なので人気薄なら面白い存在になるのではないでしょうか。

 

現時点での軸馬候補 ⇒ A.エプソムカップの穴馬候補は最強競馬ブログランキング

穴馬として注目したいのは当馬です。現時点での推定オッズでは2桁人気で単勝オッズもなかなかなので面白い存在と言えるのではないでしょうか。先週までの東京馬場なら厳しい競馬になったでしょうが、週末の天気の崩れが当馬にとっては恵みの雨になりそうです。昨年同様の仕上がりなので一発の可能性は十分考えられます。

 

現在10位です。応援よろしくお願いします!!

ご声援ありがとうございます。

引き続き神ログをよろしくお願いします。

 

第36回 エプソムC(GⅢ) 東京芝1800m

去年までは降級制度で4歳馬の賞金が半分となり、安田記念出走を断念してエプソムCに回ってくる実力馬が少なくなかったが、今年から廃止となり賞金の不安がなくなった。

実際、『秋を見据えて賞金加算を狙う』よりも、宝塚記念など『他の番組と両睨みして使う』ことを意図している陣営が少なくない。

今年はレースの様相がガラリと変わると睨んでいる。

こうした変化を把握し対応するためには、元騎手、元調教師など競馬界の大物OBが在籍し、トレセン内外の関係者と信頼関係を構築しているシンクタンクの情報力が必要不可欠。

今回は、馬券攻略において生きることになる情報力を知って頂くためエプソムCの【穴の3連単馬券】を無料公開する。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第36回 エプソムC(G3)

激走穴馬情報で好配当を狙うチャンス
穴の3連単馬券を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年までは前週にクラス再編成が行われ、4歳馬は降級制度で賞金が半分となったことで、安田記念への出走ボーダーが高くなり、賞金不足のため、ココへ回ってくる実力馬が少なくなかった。そのため過去10年で4歳馬が7勝と圧倒的に強く、好走馬の中にはダノンシャーク、ジャスタウェイ、エイシンヒカリ、サトノアラジンといった後のGI馬が名を連ねており、実は“出世レース”の1つとして大いに注目すべきレースなのだ。

だが、今年から降級制度が廃止となり、賞金不足で悩むことがなくなった。出走予定馬を見ても4歳馬が少なくなり、過去とは違う印象を受ける。実際、『秋を見据えて賞金加算を狙う』よりも、宝塚記念など『他の番組と両睨みして使う』ことを意図している陣営が少なくない。今年はガラリとレースの様相も変わると睨んでいる。

こうした一般では気づき辛い変化を把握し対応するためも、必要となるのは確かな情報力だ。重賞・メイン特捜部を率いる平井雄二・元調教師や、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一など競馬界の大物OBが在籍しているシンクタンクは、トレセン内外の関係者と信頼関係を構築しているから、24年間と長きに渡って確かな関係者情報をお伝えすることができている。今週のエプソムCでも、その情報力が馬券攻略において生きることになる。

そこで、今週はエプソムCの【穴の3連単馬券】を無料公開する。シンクタンクの情報力を知って頂くための特別公開なので、ぜひともこのチャンスをお見逃しなく。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第36回 エプソムC(G3)

激走穴馬情報で好配当を狙うチャンス
   穴の3連単馬券を無料公開

    →ココをクリック!

 

タイトルとURLをコピーしました