【兵庫ゴールドトロフィー2017】最終予想|レーザーバレットを軸に3連複4点勝負!!

   2018/01/05

 
【中山記念】ペルシアン、ヴィブロスをまとめて負かせる穴馬が?
 

【神ログ無料メルマガ】

メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/


 

昨日の記事でGⅠ【ホープフルステークスに出走予定だったルーカスが調教中の放馬で回避を検討されていましたが、出走する事に決まったようです。M・デムーロ騎手にとってはGⅠ7勝目にのチャンスですね。ただ一度回避も考えられており、まともに追い切りが出来ていない人気馬をどのように評価するか競馬力が問われる1戦になりそうです。

 

12月27日(水)は平日ですが園田競馬場で交流重賞GⅢ【兵庫ゴールドトロフィーが行われます。年末も近くこの日で仕事納めという方もいるようです。中央馬も出頭している交流重賞なので見応えのある競馬をしてくれるのではないでしょうか。今回のメンバーを見る限りでは中央馬が優勢なので配当妙味は少なさそうです。

 

★兵庫ゴールドトロフィー2017枠順確定

1枠1番 レーザーバレット
2枠2番 オヤコダカ
3枠3番 バズーカ
4枠4番 ラブバレット
5枠5番 ドリームバレンチノ
5枠6番 エイシンヴァラー
6枠7番 ストーンリバー
6枠8番 ドリームコンサート
7枠9番 トウケイタイガー
7枠10番 サイタスリーレッド
8枠11番 タイセイバンデット
8枠12番 グレイスフルリープ

 

★兵庫ゴールドトロフィー2017全馬診断

01. レーザーバレット

一昨年の同レースの勝ち馬なので適性面は問題ありません。馬柱を見る限りでは少しムラのある馬ですが交流重賞になれば実力上位なのでここでも馬券から外すことは出来ないでしょう。ただ実績があるので斤量は58㎏で年齢も9歳と少し不安材料があるのですが、メンバーレベルもそこまで高くありませんし、中間の動きも良さそうで、岩田騎手との相性も良さそうなので中心視します。

 

02. オヤコダカ

悪天候で輸送が出来ないみたいで取消の様です。

 

03. バズーカ

地元馬なので適性面は問題ありません。たださすがにここでは力不足なのは明白です。距離延長も気になるのでここは軽視します。

 

04. ラブバレット

岩手所属馬ですが昨年の同レースで4着なので適性面は問題ありません。近5走は連対率100%なので適性面は問題ありません。ただ相手関係を考えると少し見劣りしてしまうので中心視する事は出来ません。昨年と同じローテーションで臨んできているので陣営は勝負しにきていると思うのですが枠が厳しいところに入ったので抑えまでか。

 

05. ドリームバレンチノ

近走は戦績を残せていませんが前走のJBCスプリントを除いては大崩れがないのでここでも能力、実績上位ではないでしょうか。同レースには過去3回馬券に絡んているので適性面は問題ありません。ただ10歳の馬に59.5㎏は非常に厳しい条件なのでどこまでやれるか、岩田騎手が違う馬に乗る事を考えると中心視は出来ないか。

 

06. エイシンヴァラー

元中央馬で地元馬です。地方に移籍してからはなかなか結果を残すことが出来ませんでしたが、下原騎手に乗り替わってから結果を残しています。ただ相手関係を考えるとここで推せる材料にはなりません。ただ中央在籍時にオープンで勝利している実績があるので穴をあける可能性は十分あります。

 

07. ストーンリバー

悪天候で輸送が出来ないみたいで取消の様です。

 

08. ドリームコンサート

地元馬なので適性面は問題ありません。昨年の同レースで7着だったのでこのメンバーで好走出来るかと考えると微妙です。川原騎手から大山騎手に乗り替わるのもプラス材料とは思えません。51㎏とハンデは軽いのですが年齢的な部分もあるので軽視します。

 

09. トウケイタイガー

地元馬で園田では7戦して一度も連対を外してないので園田は得意コースなのでコース替わりは問題ありません。交流勝ちの実績もあるのでこのメンバーでも馬券には入れておきたいです。鞍上は園田の名手川原騎手なのでそれだけで警戒しておきたいです。少し外枠に入りましたが問題ないと考えています。

 

10. サイタスリーレッド

ダートに転向してから一気に才能を開花して重賞レースへ駒に進めました。交流重賞で勝利経験もあるので中央馬なのでここは馬券から外せない存在です。近2走は大敗が続いていますが、今回は1400m戦に戻るので変わり身に期待出来るのではないでしょうか。戸崎騎手に乗り替わるのもプラス材料ではないでしょうか。

 

11. タイセイバンデット

近走の戦績を見る限り勢いがあるのですが、さすがにここは力不足ではないでしょうか。消します。

 

12. グレイスフルリープ

前々走韓国GⅠを勝利してGⅠ馬の仲間入りをしましたが、韓国競馬のレベルを考えるとそこまで評価出来るものではありません。国内に注視しても結果を見てもそこまで結果を残せていないので難しいところです。前走は海外帰り初戦だったかも知れないので、状態面が戻っていれば巻き返せる可能性もあるので抑えておきたいです。

 

★兵庫ゴールドトロフィー2017最終予想

◎ 01. レーザーバレット
○ 05. ドリームバレンチノ
▲ 10. サイタスリーレッド
☆ 09. トウケイタイガー
△ 12. グレイスフルリーブ
△ 06. エイシンヴァラー

 

★兵庫ゴールドトロフィー2017買い目

3連複・・4点
01 - 05 - 10,09,12,06

 

交流重賞は買い目を絞らないと配当妙味が少ないです。さらに今回は中央勢の力が抜けているのでさらに点数を絞らないと配当妙味がないので4点に絞りました。

 

では、良い水曜日を・・・

 

 

  スポンサーリンク
 
【中山記念】ペルシアン、ヴィブロスをまとめて負かせる穴馬が?
 

口コミで話題騒然の競馬予想サイト

昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂】ヒットザマーク
【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://hit-t-mark.jp/

【おすすめポイント】
的中を射止めるために最も重要とされるのが、どれだけ最新の情報をリアルタイムで手にできるかという点。しかし、当然の事ながら個人が入手できる情報の鮮度には限界があります。そこで登場するのがヒットザマーク。関係各所に張り巡らされた情報網があなたの目となり足となり、高確率で万馬券も可能な的中好機な情報をお届けいたします。


【第1位】ハイブリット
【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://okane.com/

【おすすめポイント】
競馬は知らないけど、単純にお金を儲けたい初心者の方から、自分で馬券を買っても勝てないとお悩みの玄人の方まで安心してご利用頂ける次世代型「複合投資競馬」 それがハイブリッドです。
「情報」だけでは競馬に勝てない「投資」だけでは資産が増えない…それぞれのデメリットを排除し、メリットを最大限に引き出し、有効的な本当の投資競馬を提案しております。

【第2位】競馬総本舗ミリオン
【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://www.k-million.jp/

【おすすめポイント】
関係者が明かす一般的には公表されるハズの無い「完全なる裏側」を大公開!注目馬や激走馬のスクープ情報を筆頭に、馬券購入のヒントになる情報も無料で配信!さらに、当日最も「確勝性」が高いと思われるレースの買い目を極少点数でご提供!他では真似できない極上の無料情報をお楽しみください!無料予想も有料予想も両方凄い為、「第2位」に認定します。

【第3位】ターフビジョン
【おすすめ度】★★★★★★★
【URL】http://tr-vision.net/

【おすすめポイント】
圧倒的な的中率の高さがおすすめポイント。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第3位」に認定します。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。

この4サイトがあれば競馬で しっかり儲けられそうですね。

それでは!

  スポンサーリンク


関連記事-こちらもどうぞ