【ドバイワールドカップデイ2016】ホッコータルマエが悲願なるか!ドゥラメンテは世界相手にどこまで戦えるか!

 





【神ログ無料メルマガ】今週の配信予定
2016年12月10日(土):チャレンジC
2016年12月11日(日):カペラS

メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/
2016年12月3日ステイヤーズステークス的中!
馬連 ◎〇 3点 8.8倍
3連単 ◎○▲ 8点 27.1倍


来週はかなり忙しい週になりそうです。2日間3場開催に含めて重賞が4つとかなり忙しい1週間になりそうですが、その重賞の1つが春の短距離王決めるGⅠ高松宮記念です。それだけでもかなり興奮しそうですが、26日(土)にはアラブ首長国連邦・ドバイのメイダン競馬場で行われる【ドバイワールドカップデイ諸競走2016】が行われます。日本馬10頭が世界の舞台で勝負します。その10頭を紹介しながら短評していきます。

 

★出走馬紹介

ホッコータルマエ (牡7)ドバイワールドカップ(GⅠ)
ドゥラメンテ   (牡4)ドバイシーマクラシック(GⅠ)
ラストインパクト (牡6)ドバイシーマクラシック(GⅠ)
ワンアンドオンリー(牡5)ドバイシーマクラシック(GⅠ)
リアルスティール (牡4)ドバイターフ(GⅠ)
ベルカント    (牝5)アルクオーツスプリント(GⅠ)
ネオブラックダイヤ(牡8)ドバイゴールドカップ(GⅡ)
オンザロックス  (牡3)UAEダービー(GⅡ)
ユウチェンジ   (牡3)UAEダービー(GⅡ)
ラニ       (牡3)UAEダービー(GⅡ)

 

★各馬短評

△ ホッコータルマエ
招待状がなかなか届かないなどのいざこざがあったものの無事に3度目のドバイ挑戦が叶いました。どんな人気になるかわかりませんが日本でのレースを見ていると世界で善戦出来るレベルにはもう達していないのでは無いかと考えています。やはりもう一叩きして望んで欲しかったのが本音です。年々着順こそ上げているものここは厳しいレースになるでしょう。

 

◎ ドゥラメンテ
日本馬で最も凱旋門賞に近いのはこの馬でしょう。それだけ日本の競馬ファンはじめ競馬界の期待を一心に背負って世界デビューします。ここでいい結果を残す事が出来れば凱旋門賞にも近づきますし歴史的名馬への階段をまた1歩上る事になります。このような馬に出会う事はこの先10年あるかないかの可能性だと思っています。彼の勝利に期待したい!

 

▲ ラストインパクト
この年齢で世界初挑戦は少し可哀想な気もするのですが、無事に空輸もクリアしたみたいなので一安心です。鞍上もモレイラ騎手と良い騎手を迎える事が出来ましたしベテランならでは味を効かした走りを見せて欲しいです。メンバー的にも展開が向きそうですし注目したい。

 

☆ ワンアンドオンリー
9頭立ての少頭数ならこの馬の底力を生かせば復活も夢ではありません。空輸の際、以前管理していた橋口元調教師が見送るほど想いが強い馬なので先生も勝って欲しいと願っていると思います。馬場適正も海外の方がこの馬には合っているようにも思えます。異国の地で再起を誓う日本のダービー馬に一番注目しています。

 

◎ リアルスティール
有力馬の一角ソロウが回避したため人気を一気に吸い込んでしまうでしょう。鞍上も超スーパー強化のR・ムーア騎手と運が一気に向いて来た辺りが日本の4歳世代の波にも感じますね。ライバルは1歩先に大きな舞台で戦っているのでこの馬も負けられないでしょう。福永騎手が残念ですが、また戻って来たときに日本のGⅠタイトルを彼と奪還して欲しいです。

 

○ ベルカント
芝1000mで行われる超短距離戦なのですが、この馬のスピードなら世界に通じると思うので期待したいです。世界は初挑戦なのですが一番の懸念は馬場が合うかどうかだけです。馬場が合えば海外で初GⅠの可能性もあるので面白いレースになると思います。

 

☆ ネオブラックダイヤ
国内でしっかり叩いて万全の状態で臨んでくれる事はファンとしても嬉しいことですし、陣営のココに対する思いも伝わってきます。秋山騎手もこの馬のためにドバイに行きますし、人馬一体で最高の結果を待ちたいですね。

 

消 オンザロックス
消 ユウチェンジ
消 ラニ
この3頭に関しては素直に応援したいレースです。結果は二の次です。3歳馬の世界との壁を形にしてもらい、今年のダービー馬の凱旋門賞挑戦の基準になると思います。

 

ドバイへ挑戦する10頭の紹介と短評は以上です。

 

★なぜ印をつけているのか?

皆さん読み進めている内に印が気になりませんでしたか。残念ながらJRAの即パットなどでは発売していないので買う事は出来ません。ただブックメーカーを使えばドバイのレースを賭ける事が出来るので今回印をつけて予想しました。ブックメーカーでは発走までまだまだ時間はありますが、もうオッズが出ているので気になる馬や応援している馬がいたら是非日本から応援の意味も込めて賭けてみるのはいかがでしょうか。

いつもブログでお世話になっている「火下遊の競馬予想」さんがブックメーカーでの買い方をアップされていましたので、そちらへのリンクを貼っておきます。ご興味のある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

火下遊の競馬予想
http://xn--zuzt4cf1p1qr.com/archives/1159
世界に酔いしれる最高の週末を・・・

 

今週末の注目重賞、スプリングSと阪神大賞典の注目馬を人気ブログランキングで発表しています。

土曜日ファルコンSから月曜のフラワーカップまでブログやメルマガでアップしていきますので、メルマガのご登録もお願いします!

 

北山ステークス 3連複 ¥1,340 的中

北山ステークス的中

【神ログ】では、無料メルマガ会員を募集しています。

ご登録・ご利用はこちら【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/

※的中馬券の一部です。

 


昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂】的中ファクトリー
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】http://tekichu.com/

【おすすめポイント】
『的中ファクトリー』はコアな競馬ファンに人気の高い情報会社ですが、競馬初心者の方でも十分にこのサイトを活用する事が出来ます。
とにかくコラムが充実しています。それも殆どが無料で読めますから、いきなり会員になった直後から豊富な情報を得る事が出来ます。なかなかここまで豊富な情報量を無料で読めるサイトは中々ありません。かなり読み応えのあるコラムです。

【第1位】競馬総本舗ミリオン
【おすすめ度】★★★★★★★★★★
【URL】http://www.k-million.jp/

【おすすめポイント】
関係者が明かす一般的には公表されるハズの無い「完全なる裏側」を大公開!注目馬や激走馬のスクープ情報を筆頭に、馬券購入のヒントになる情報も無料で配信!さらに、当日最も「確勝性」が高いと思われるレースの買い目を極少点数でご提供!他では真似できない極上の無料情報をお楽しみください!無料予想も有料予想も両方凄い為、「殿堂」に認定します。

【第2位】ターフビジョン
【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://tr-vision.net/

【おすすめポイント】
圧倒的な的中率の高さがおすすめポイント。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。 また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第1位」に認定します。

【第3位】ハイブリット
【おすすめ度】★★★★★★★
【URL】http://okane.com/

【おすすめポイント】
競馬は知らないけど、単純にお金を儲けたい初心者の方から、自分で馬券を買っても勝てないとお悩みの玄人の方まで安心してご利用頂ける次世代型「複合投資競馬」 それがハイブリッドです。
「情報」だけでは競馬に勝てない「投資」だけでは資産が増えない…それぞれのデメリットを排除し、メリットを最大限に引き出し、有効的な本当の投資競馬を提案しております。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。

 

この4サイトがあれば競馬でしっかり儲けられそうですね。

それでは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


スポンサーリンク


関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!