【競艇予想|児島】G1 児島キングカップ(初日/12R)|キングドリーム戦の1号艇に峰竜太選手が鎮座!峰選手か中心か!?【5月30日】

どーも。スルメです。

 

自民党の桜田前五輪大臣がまた爆弾発言をしましたね。

自民党議員のパーティーで少子化問題に言及した際に「子どもを最低3人くらいは産むように。」と述べたようです。

問題発言で辞任したヒトは、お口のクセが直らない様でまた失言しました。

桜田氏の言い訳を聞いていると面白いですよ。

「子どもを安心して産み、育てやすい環境をつくる事が重要だとの思いで発言した。」と釈明のコメントを出しましが、それと子供3人の繋がりがわかりません。

まずは釈明コメントを実現してからの話だと思うのですが。

スルメはあほだからなのか、政治家のお偉いさんたちの素晴らしい考え方なのかわかりませんが、男性が女性の出産人数や出産のことで意見するのは違うと思います。

おかんから良く聞きましたが、出産は命がけなのでそんなとこになにも考えていない男性が口にするものではないと。

日本が子供を育てやすい環境になれば必然的に出生率は上がりますよ。

それは誰が考えても分かる事なので。

高齢者にやさしくするのは良いでしょう、スルメもあと数年で高齢者になるわけですから。

しかしその高齢者を支える若い世代、子育て世代にしわ寄せが行けば日本は破たんしますよ。

これから日本はどうなっていくのか。

 

暗い話になりましたが、ここから競艇の話をします。

毎日更新を始めてから回収率100%越えが続いていたのですが、4月と5月は100%を切ってしまいそうです。

4月は切ってしまったのですが、5月は切りそうです。

5月は2週間ほど勝利の女神が旅行に行ってたのでなかなか的中するコトが出来ませんでした。

しかし、3日前に勝利の女神が返ってきたので的中が続いています

ここから一気に捲っていけるか。

今日から児島競艇場でG1が始まるのでまくり差しで5月をフィニッシュしたいと思います。

 

児島12レース

好枠をゲットしたのは1号艇峰竜太

ペラ調整を施して前検から良い動きをしていたのでここはイン速攻が期待出来るでしょう。

2号艇今垣光太郎は前検では峰選手との差は明らか。

ほかの選手とほとんど差がないので連動してどこまでやれるか。

低調機を引いた3号艇平尾崇典

2連対率がこのメンバーの中で低いのでどこまで調整してこれるか。

カドから自在に攻める4号艇菊地孝平

良機なので仕上がりは良さそうです。

スタートダッシュを決めてワンターン勝負か。

良機の5号艇原田幸哉

前検での感触はあまり良くなかったみたいだが、仕上げてくる選手なので問題ない。

前検から好感触の6号艇吉田拡郎

気配良好の機をゲットしだけ大外から一気に決めるか。

 

児島12レース 最終予想

進入予想
123/456

 

◎ 1枠 峰  竜太(A1)
〇 4枠 菊地 孝平(A1)
▲ 5枠 原田 幸哉(A1)
△ 6枠 吉田 拡郎(A1)

 

児島12レース 買い目

1 - 4,5,6 - 4,5,6

 

絶好枠に入った峰竜太選手に注目!!

 

PR 66.990円的中など口コミで話題騒然の競艇予想サイト

昨今、競艇情報サイトが乱立しすぎて、

「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂】舟王
【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://funa-o.com/
【登録方法】
メールアドレスのみ

【おすすめポイント】

個人レベルをはるかに超えた専門的かつ組織的体制で競艇予想を完全制覇する舟王をご存知ですか!?4つのおすすめポイントがあります!
(1)TVやネットでは得られない、リアルタイムの情報を収集する現地スタッフ。
舟王は全競艇場24か所にスタッフを、派遣ではなく常駐化。

(2)ギャンブルという視点ではなく純粋な数学として、統計データと入手データを徹底的に分析し確率をはじき出す。

(3)完全に部外の人間が数学的分析を行う一方で、生粋の競艇知識と濃密な独自情報から、アナロジックな側面を補完。

(4)統計と専門知識だけでは確実な勝利はありえない。長年培った多様な経験則をプラスすることで、不確定要素をカバー。

この4つを提唱する最強のエージェントが導く「競艇予想の極み」舟王数%の勝ち組に導きます。

【第1位】競艇ロード
【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://boatroad.jp/
【登録方法】
メールアドレスのみ

【おすすめポイント】
競艇ロード情報力×予想力が凄いと言われております。情報ルートは元選手、現役新聞記者といった人物で構築されており、他にもプロ予想家などといった「競艇関係者」と太いパイプ で繋がっております。その「有益者」と「信頼できる関係」を構築出来ているからこそ有益な情報を安定して仕入れる事が可能となっております。

今年2月には上記の通り蒲郡12Rにて66.990円の高額配当を的中!

こんな予想を無料ポイントでも試せます!

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この2サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。

この2サイトがあれば競艇で

しっかり儲けられそうですね。

PR 66.990円的中など口コミで話題騒然の競艇予想サイト

昨今、競艇情報サイトが乱立しすぎて、

「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂】舟王
【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://funa-o.com/
【登録方法】
メールアドレスのみ

【おすすめポイント】

個人レベルをはるかに超えた専門的かつ組織的体制で競艇予想を完全制覇する舟王をご存知ですか!?4つのおすすめポイントがあります!
(1)TVやネットでは得られない、リアルタイムの情報を収集する現地スタッフ。
舟王は全競艇場24か所にスタッフを、派遣ではなく常駐化。

(2)ギャンブルという視点ではなく純粋な数学として、統計データと入手データを徹底的に分析し確率をはじき出す。

(3)完全に部外の人間が数学的分析を行う一方で、生粋の競艇知識と濃密な独自情報から、アナロジックな側面を補完。

(4)統計と専門知識だけでは確実な勝利はありえない。長年培った多様な経験則をプラスすることで、不確定要素をカバー。

この4つを提唱する最強のエージェントが導く「競艇予想の極み」舟王数%の勝ち組に導きます。

【第1位】競艇ロード
【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://boatroad.jp/
【登録方法】
メールアドレスのみ

【おすすめポイント】
競艇ロード情報力×予想力が凄いと言われております。情報ルートは元選手、現役新聞記者といった人物で構築されており、他にもプロ予想家などといった「競艇関係者」と太いパイプ で繋がっております。その「有益者」と「信頼できる関係」を構築出来ているからこそ有益な情報を安定して仕入れる事が可能となっております。

今年2月には上記の通り蒲郡12Rにて66.990円の高額配当を的中!

こんな予想を無料ポイントでも試せます!

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この2サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。

この2サイトがあれば競艇で

しっかり儲けられそうですね。

それでは!

PR

競艇サイト№1の実績!3連単66,900円的中!今なら1万円分のポイントプレゼント!

競艇ロードは情報力×予想力が凄いと言われております。情報ルートは元選手、現役新聞記者といった人物で構築されており、他にもプロ予想家などといった「競艇関係者」と太いパイプ で繋がっております。その「有益者」と「信頼できる関係」を構築出来ているからこそ有益な情報を安定して仕入れる事が可能となっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

自転車で阪神、園田競馬場、尼崎競艇場に通えるという恵まれた住環境を活かし、日夜お馬さんと船を追いかけている。 親戚縁者の子供達に「おじちゃんとお馬さん見に行こうか?」、或いは「お船を見に行こうか?」と言い続けた結果、「子供を近寄らせたくない親戚No.1」のタイトルを受賞。