【京王杯スプリングカップ2017】出走予定馬|予想|初1400mが不透明も能力・血統・厩舎力から注目馬発表!

 

 
【無料】菊花賞はキセキが絡んでも3点30倍を狙える穴馬が存在
 

【神ログ無料メルマガ】今週の配信予定
2017年10月21日(土)10:00:富士S
2017年10月22日(日)10:00:菊花賞

メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/
5月6日 GⅡ京都新聞杯 ◎☆ 馬連(5点) 8.8倍
5月10日 羽田盃 ◎☆ 馬連(5点) 3.3倍
5月31日 さきたま杯 ◎○☆ 3連複(9点) 2.3倍
6月7日 東京ダービー ◎○△ 3連複(4点) 6.3倍
6月8日 北海道スプリント ◎○▲ 3連複(4点) 2.6倍
6月14日 関東オークス ◎▲△ 3連複(6点) 23.9倍
7月17日 マーキュリーカップ ◎〇▲ 3連複(4点) 3.4倍
7月30日 クイーンステークス ◎▲ 馬連(5点) 22.1倍

先週の米3冠に挑戦したラニが国内レースに参戦しましたが全く競馬になっていませんでした。3歳時にはかなり期待されていましたが、今回の競馬を見てる限りでは世界で再び活躍出来るとは思えない競馬でした。反応もかなり悪かったのでもう一度国内でしっかりキャリアを積んで国内ダート界を盛り上げてほしいです。

今週は東京競馬場で【ヴィクトリアマイル】が行われますが、土曜日には【京王杯スプリングカップ】が行われます。【安田記念】に出走するマイル馬やスプリンターが集まった1400m戦なので予想が非常に難しいです。今後のG1レースに繋がる1戦なので要注目の1戦です。

★有力出走予定メンバー

キャンベルジュニア C・ルメール騎手
グランシルク    戸崎騎手
サトノアラジン   川田騎手
レッドファルクス  M・デムーロ騎手
ロサギガンティア  柴田善騎手

G1馬から上り馬まで豊富なメンバーが揃いました。1400mと中途半端な距離なので展開次第では大きく着順が変わりそうです。安田記念に出走する馬にとってはあくまでも叩き台なのでそのあたりを見極めたいです。

 

★有力メンバー短評

キャンベルジュニア
自己条件や重賞レースを問わずに近走は安定した戦績を残しているのでここでも上位人気に推されるのではないでしょうか。1600m~1800mを中心に活躍している馬なので初1400mでどのようなレースをするのか疑問が残るところでもあります。血統的には1400mもこなせそうですが、初なので評価的には難しいところでもあります。A・シュタルケ騎手からの乗り替わりはマイナス材料ですが、外国人騎手との相性は抜群みたいなのでC・ルメール騎手は良かったのではないでしょうか。ただ近走のC・ルメール騎手は不甲斐ない競馬が続いているので軸向きではないと考えています。

 

グランシルク
1400mの適性はメンバーの中で抜けていると考えています。東京1400mは得意舞台なので適性は問題ありませんし、上りも32秒台の脚を繰り出しているので展開が嵌まればこのメンバーなら突き抜ける可能性も十分に考えられます。ただ前走のダービー卿チャレンジTでは案外な競馬で見せ場が無かったことを考えると少し中心視するには危険なのではと考えてしまいます。ただ馬券からは消すことの出来ない存在でしょう。

 

サトノアラジン
マイル路線で結果を出しており実績と実力を考えてもここは抜けた人気になるのではないでしょうか。メンバーが揃ったG1レースでも馬券には絡めていませんがしっかり好走しているのでここでも普通に走る事が出来れば上位入選出来るのではないでしょうか。ただ問題は今年の始動戦で前走は香港なのでかなり間隔が開いている点が気になるところです。海外帰り初戦で今年の始動戦となると状態面がかなり心配なので1番人気に推されるのであればあえて外したいです。

 

レッドファルクス
昨年の秋のスプリント王で今年の高松宮記念でも2着とスプリント能力の高さを証明してくれました。スプリントでは安定した戦績を残していますが、1400mとなると戦績を落としているので距離延長がどうでるのか難しいところです。さらに斤量もトップハンデの58㎏を背負わされるので安田記念を目標にしているだけにそこまで無茶な競馬はしてこないでしょう。M・デムーロ騎手人気でオッズが跳ね上がるなら積極的には買いにくいです。

 

ロサギガンティア
G1レースに出走することも可能でしたが前走終了後に標準をここに合わして状態面をしっかり整えてきたようです。少し間隔が開いたので状態面が気になるところです。このあたりは最終追い切りで見極める必要がありそうですが、ここを目標に作られていた分ほかの馬に比べると勝負度が違うのではないでしょうか。鞍上が安定の柴田善臣騎手なのも魅力なので馬券的には抑えておきたいです。

 

★1400m戦が混戦模様ということは距離別レベルに疑問。

中途半端な1400m戦にスプリンターからマイラーまでかなりハイレベルなメンバーが集まりました。有力馬は今後のG1に向けての状態調整で臨む1戦になります。今年は1200m路線からも1600m路線からも面白いメンバーが揃いましたが、裏を返せば世代レベルが低いと言うことでもあります。低いからこそ距離が違う馬同士で人気が割れるのではないでしょうか。両路線とも絶対的王者がいないのでここを皮切りに一気に登っていってほしいです。

1週前軸馬候補 ⇒ キャンベルジュニア
C・ルメール騎手の最近の調子の悪さは気になりますが、しっかり仕上げてくる厩舎なので連軸向きではないでしょうか。初1400m戦なので不透明な部分がありますが、能力的にも血統的にもカバー出来ると考えているので連軸予定です。

PR【本当に強い馬の見抜き方】オッズは完全に“悪”だ!

競馬をやっていると絶対に目がいってしまうオッズ。

オッズを見れば、
「人気薄を自信を持って買えないぜこのやろう。。。」

何て尻込みする人も多いでしょう。

でも・・・
この春の重賞は穴馬が入りまくっています!

例えば、
a

04月02日(日) 大阪杯(G1)
→7番人気ステファノス 2着

04月08日(土) ニュージーランドT(G2)
→12番人気ジョーストリクトリ 1着

04月09日(日) 桜花賞(G1)
→8番人気レーヌミノル 1着

04月16日(日) 皐月賞(G1)
→4番人気ペルシアンナイト 2着

04月23日(日) フローラS(G2)
→10番人気ヤマカツグレース 2着

もはや穴馬を見抜けなければ、
お話しにならないのが、この春の重賞です!

でも、こんな穴馬どうやって見抜けばいいのか?

実は、上の穴馬を完全に見抜いた
脅威の“競馬指数”が存在するのです!

スピード指数や適正指数、統計データ、血統理論まで、
ありとあらゆるデータをまとめあげたこの指数だからこそ、

 ━━━━━━━━━━━━━━
オッズに左右されず、
真に強い馬を見抜く事ができる
━━━━━━━━━━━━━━

という訳なんですね。

穴馬を見抜ける精度も凄いんですが、
わずか月額1,980円で全レースの指数が見れというのですから。

おったまげーどころじゃありません!

一部の指数は無料で見れるので、
まずは実力を肌で感じてください!

「競馬で稼げる」というビジョンが鮮明に見えてくると思いますよ。

最強競馬指数で、男の自信を取り戻せ!
↓   ↓   ↓

http://collabo-n.com/

この競馬指数は「コラボ指数」というものですが、
凄いのは穴馬を当てられる精度だけではありません!

■レース買い目が絞れて投資金を少なくできる

→サイト内でレースの選び方、買い目の絞り方
詳しく丁寧に教えてくれます。

データとか指数系は
『対象レースが多い、買い目が多くなる』
そんなイメージが強いですが、そんな事は一切ナシ!

■予想はわずか1レース1分

指数を見てレースと買い目を絞るだけで、
競馬予想が終了
してしまいます。予想時間はわずか1分。

なんだか味気ないと思われるかもしれませんが、
何時間もかけた予想で外れるよりよっぽどいいでしょう・・・

何より当たるんですから!

あなたはビールとモツ煮込みをゆっくり飲み食いして、
大股広げてレースを待つ事ができるのです。

■半端じゃない安定感

→穴馬の精度も注目して欲しいところですが、
安定感もとにかく半端じゃない!

どれくらい凄いのかというと・・・

3連単 37.2%
馬単  58.3%
ワイド 81.9%

これはもちろん、的中率です。マジです。
過去の成績は全て見れるので、本当だと納得せざるを得ないでしょう。

そして、この安定感に抱かれたいとさえ感じるでしょう。

本当に簡単に的中できてしまうコラボ指数ですが、

「指数だけに頼りたくない!」
というアマノジャクな人もいるでしょうね。

そんな人は自分の予想と混ぜて使えばいいのです。

実際コラボ指数と自分の予想を混ぜて、
更に的中率を上げている人も沢山いるみたいですよ!

さぁ!今週のヴィクトリアマイルでコラボ指数が
弾き出す『本当に強い馬』とはどの馬なのか!?

コラボ指数はこちらから登録後すぐにご覧になれます。
↓↓↓

http://collabo-n.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket