【桜花賞2016】予想|メジャーエンブレム・ジュエラー・シンハライトを精査してみる!

   2016/04/11





【神ログ無料メルマガ】今週の配信予定
2016年12月10日(土):チャレンジC
2016年12月11日(日):カペラS

メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/
2016年12月3日ステイヤーズステークス的中!
馬連 ◎〇 3点 8.8倍
3連単 ◎○▲ 8点 27.1倍


先週も藤田菜七子騎手のJRA初勝利はお預けとなりました。惜しいシーンは何度かあったのですが経験が足りないのかも知れません。今月からエージェントに芸能事務所所属と以前より結果が求められる立場になっただけにそのプレッシャーと戦えるかは不安ですが、騎手として生きていくなら結果で私たちファンを安心させて欲しいですね。エージェントがつくことにより今まで以上に馬も集まってきますし、質の良い馬が集まってくるので経験値は積めると思います。ただ、新人騎手特有の遠慮や配慮が各レースに見られますね。騎手としては当然のことなのかも知れませんが、少し限度が越えている様な感じがします。そこまで気にしなくても回りのベテラン騎手もちゃんと見ているので問題ないので新人騎手らしく勝ちにどん欲にこだわって欲しいです。そこからしか学ぶべきことは生まれないと考えています。

 

 

前回の記事で大阪杯を少し取り上げたので、ダービー卿チャレンジとロフィーも少し触れておきます。勝ち馬のマジックタイムは紅一点ではあったものの強い内容でした。シュタルケ騎手の神騎乗もありましたが、斤量の恩恵も受けた一面もあったと思います。ただ、あの伸び脚は非常に見応えのある末脚だったのでヴィクトリアマイルでも面白い存在になるのではないでしょうか。本命にしていたキャンベルジュニアは良いレースでしたが、枠に泣かされたのと展開が向きませんでした。伸びしろはある馬なだけにこれからも期待したいです。一番驚いたのはロゴタイプがここに来て完全復活に近い内容でした。ただ先頭に立つと相変わらずフワとしているので勝ち癖が無い分遊んでしまうのかも知れません。これからは複勝など面白いオッズなら狙ってみても良いかも知れません。

 

 

今週日曜日は桜花賞が行われます。新馬戦からずっと観てきましたが長い様で短かったです。つい先日に2歳女王にメジャーエンブレムが輝いた様な気持ちです。週末まで阪神地方の桜が保つかどうか微妙なところですが、桜の木々には頑張って咲いていて欲しいです。やはり桜花賞の時に桜がないのは悲しいですし、4コーナーから直線に向かうときに桜を背景に馬達が走っているのが絵になりますからね。巷では1強説や3強説など言われている桜花賞だが、確かにこの3頭で決まる確率は非常に高いです。ただ競馬には絶対が無いので一部の夢を乗せて1頭切る方もいるのではないだろうか。なので、今回は人気が予想される3頭をもう一度精査してみます。

 

 

★2歳女王メジャーエンブレム

1番人気になるのは濃厚でしょう。このようなタイプの馬を見ると買える材料よりも買えない材料を自然と探してしまうのですが、正直最後までそれが見つからないのが彼女の強みなのでしょう。どのレースを観ても強い勝ち方ですし牝馬の中に牡馬が混ざっているんじゃないかと考えてしまうほど実力差がある存在です。フットワークも強いですし不安定な天気を考えると安心して買える内容です。唯一の不安は鞍上のC・ルメール騎手かも知れませんね。昨年は大舞台になるといつもの安定感はありませんでした。人気馬で1.0倍台が予想される超がつくほどの人気馬なので空回りしなければいいのですが。

 

★最強の鞍上を背に巻き返しを誓うジュエラー

鞍上は競馬ファンなら誰もが認めるであろう重賞になると覚醒するM・デムーロ騎手が手綱を握るので、それだけで信頼度としてはかなり上がります。勝負強い騎手なので大舞台になると覚醒したかのように好騎乗でファンを楽しましてくれます。もちろんジュエラーをそれに応える操縦性と末脚が非常に魅力的です。前走のチューリップ賞でも次走を見据えた騎乗をしていたので目一杯追った印象は受けませんでした。馬体もしっかりしていますし、接触があっても物怖じしないと思うので馬群を割って飛んでくる印象です。ただそうなると展開の助けが必要な馬券になると少ししんどいかも知れません。

 

★父の血が覚醒するとき、シンハライト

有力馬の中で唯一のディープインパクト産駒なだけにこの馬を推している方も多いでしょう。阪神1600mと言えばディープインパクト産駒が良績を残しているだけに条件的には有力馬の中でもリードしている形です。そうして鞍上も大舞台になると勝負感が冴える勝負師の池添騎手なのでプラス評価出来る材料です。過去の戦績からみるとポジション取りはメジャーエンブレムの後ろでジュエラーよりも前で競馬すると思うので展開利は受けそうですし、ペースがどうなっても末脚が生きる勝負はしてくるでしょう。ただ、唯一の不安は成長しているとは言い辛い馬体です。毎レース430kgを維持と馬体が大きくないだけに不安一面もあります。

 

3強それぞれ長所と短所があるので最終追い切りまで見ないと本命は決め辛いです。ただメジャーエンブレムの方が少し優勢かなっという評価になりましたが、当日の天候や枠次第では大きく変化すると思うのでじっくり考えたいです。展開的には穴馬の好走も考えられます。当日の枠や展開と条件はかなり必要だが【人気ブログランキングで発表】も注目の1頭です。

 

穴馬候補 ⇒ B.人気ブログランキングで発表(レッドアヴァンセ)

 

 

馬体重をしっかり戻して状態が良ければ人気の一角を崩せる力は持っています。好位で競馬が出来るのが強みですし、最後の末脚も良いものを持っています。この馬もディープインパクト産駒なので血統的にはこのコース向きですし、馬体重さえ戻っていれば面白い1頭です。

 

【神ログ】では、無料メルマガ会員を募集しています。

ご登録・ご利用はこちら【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第76回 桜花賞(G1))

実は!50倍超も楽に狙える!
桜花賞の爆穴一点を無料公開!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2歳女王メジャーエンブレムが始動戦のクイーンCを破格の時計で快勝。この時点でマスコミの中には「桜は当確」と断ずる人間もいたが、チューリップ賞でシンハライトが無傷の3連勝を決め、こちらも1分32秒8と文句なしの時計。一転して“1強ムード”は崩れ去り、桜花賞における世間の評価は右往左往している。まさに情報力の無さを露呈していると言えるだろう。

そんな話とは無縁なのが当社シンクタンク。なぜなら、元調教師・元騎手などを始めとした競馬界の大物OBや現役関係者、馬主関係者などから構成される、総勢450名以上の情報ルートが在籍し、あらゆる関係者から“本音”を聞き出すだけの情報収集態勢が整っている。

事実、クイーンCはもちろんのこと、チューリップ賞でも10番人気ラベンダーヴァレイの激走情報を入手して万馬券的中。要所となる前哨戦もキッチリと獲っているのは、情報力が優れているに他ならない。

現時点で当社の結論は“ほぼ1強”。しかも、“とっておきのの激走穴馬”の存在も掴んでいる。「前回は色々あって仕上げ切っていなかったし、実は◯◯◯でデキが全然だった。あれが能力じゃないよ。まとも力さえ出せれば絶対に差は詰まる」と某厩舎関係者。この馬が馬券に絡めば高配当も見込める。

当社シンクタンクを初めてご利用される方に限り、先着100名様限定で“とっておきのの激走穴馬”を含めた桜花賞の爆穴1点情報を特別に無料公開する。桜花賞の馬券を買うのであれば、コレは見ておくべき情報だ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第76回 桜花賞(G1))

  実は!50倍超も楽に狙える!
  桜花賞の爆穴一点を無料公開!

シンクタンク:桜花賞300_250

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


スポンサーリンク


関連記事-こちらもどうぞ