【エンプレス杯2017】最終予想|ワンミリオンに地方馬リンダリンダが襲い掛かれるか!?

 

 
 

【神ログ無料メルマガ】今週の配信予定
2017年3月25日(土)10:00:毎日杯
2017年3月26日(日)10:00:マーチS


メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/
高松宮記念2017ブログで予想発表!
2016年3月12日フィリーズレビュー(G2)的中!
3連複〇◎△ 22.2倍
2016年3月12日中山牝馬S(G3)的中!
馬連△◎   22.4倍
2016年1月22日日経新春杯(G2)的中!
3連単◎△○ 50.6倍

 

今年からGⅠレースに昇格される【大阪杯】ですが、そのCMの完成度が酷過ぎると話題の様です。ネットで話題になっていたので見てみたのですが、確かに近年まれに見る意味のわからない競馬CMでした。今年のCMは新しい層に向けてのCMなのですが、誰があのCMを見て競馬場に行きたくなるでしょうか。せっかくのGⅠレースなのに何かもったいない気もしますし、これから1年CMがどんな方向に向いていくのか楽しみです。

 

明日3月1日は水曜日なので平日ですが、川崎競馬場で交流重賞の【エンプレス杯】が行われます。交流重賞は比較的にJRA勢が優勢なのですが、今回の出走メンバーを見る限りでは地方馬にも十分チャンスがあるはずなので、展開と結果次第ではかなりの高配当まで臨めるのではないでしょうか。

 

★エンプレス杯2017枠順確定

 

★エンプレス杯2017出走予定馬診断

01. ブランシェクール
JRA所属馬なので前走1000万条件ですが勝利しているのでここは人気になるのではないでしょうか。外枠なら面白かったのですが最内枠とこの馬にとっては嫌な枠を引いてしまった印象があります。ただスタミナ勝負になればこの馬にとっては好条件なので展開次第では馬券に絡む可能性が高そうです。陣営もこのレースを目標に馬を作ってきているみたいなので馬券には入れておきたいです。

 

02. タマノブリュネット
昨年と同じローテーションでここに臨んで来ました。昨年はTCK女王杯で3着を確保して勢いそのままに臨みましたが5着と敗れ、今年は前走のTCK女王杯では5着と少し力を落としている印象を受けました。今回は鞍上にC・ルメール騎手を手配出来たのでかなりプラス材料ですが、前走の内容を考えると少し手が出し辛いのが現状です。JRA所属馬ですがここは抑えておく程度で良いのではないでしょうか。

 

03. ポッドガゼール
地元馬なのでコース適正は問題なく、距離も好走経験があるので問題ありません。ただメンバーレベルがかなり悪く強いメンバーが揃ったのでここでは厳しい競馬を強いられるのではないでしょうか。良くても掲示板どうこうではないでしょうか。

 

04. ヴィータアレグリア
昨年のエンプレス杯の2着馬なので適性面の心配はありません。近2走は結果を残せていませんが川崎競馬場では崩れた競馬をしていないのでここでは巻き返すことが十分出来るのではないでしょうか。レースセンスが非常に高い馬なので展開面は心配いらないでしょう。川崎の攻略を知っている騎手が乗ってくれるのもありがたいのでここは1発の可能性も秘めているのではないでしょうか。

 

05. サンタレジーナ
高知競馬所属馬で取消と前走の4着を取り除くと9戦連続連対した実績を持っています。ただメンバーレベルが違ううえに中央馬も混ざってのレースになると少し厳しいレースになるのではないでしょうか。消します。

 

06. タッチデュール
近走の競馬を見る限り馬券にも絡んでいない競馬がかなり続いているので今回も掲示板がやっとなのではないでしょうか。今回は消します。

 

07. リュウグウノツカイ
昨年のJBCクラシック以降かなり戦績が落ち込んでおり2桁着順も目立っています。川崎適性はあるのですが、現状の力を考えるとここでは全く足りないのではないでしょうか。ここは消します。

 

08. スラリーアイス
中央から地方に移籍して4戦目ですが思った以上の結果を残せていない印象です。川崎適性もそこまで高くないと考えています。前走は11番人気ながら3着と波乱の立役者となってくれましたが、ここでは難しいでしょう。

 

09. ワンミリオンス
現在6戦連続複勝圏内に入線している中央の実力馬です。前走のTCK女王杯では好位でしっかり自分の競馬をして直線でしっかり抜け出した強い競馬でまさに横綱競馬だったのではないでしょうか。能力的にはここは一枚も二枚も抜けているのは間違いないでしょう。ただ一気に距離が2100m戦になるので距離適性に疑問は残ります。勝ち負け必死とまでは言えませんが、連軸としては問題ないのではないでしょうか。

 

10.トーセンマリオン
地元馬なので川崎適性は問題ないのですが、ハイレベルな相手にどこまで自分の競馬が通用するかでしょう。昨年もこのレースでハイレベルな相手に6着だったので今年も掲示板にのるかどうかの競馬になるのではないでしょうか。勢いはあるのですが積極的に手は伸ばし辛いです。

 

11.リンダリンダ
地方所属馬で最も注目したいのはこの馬です。前走のTCK女王杯ではは惜しくも中央馬に敗れましたが、地方馬の中では最先着の2着で可能性をしっかり見せてくれました。今回は負かされた相手には距離適性の壁がありますが、この馬は経験して結果を残している距離なので問題ないのではないでしょうか。枠も良いところに入ったので思い切って狙ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

12.タイニーダンザー
近走はあまりいい成績を残せていませんが、戦績的にはこの条件でも走れないわけではないので印を回しておきたい1頭です。前走のTCK女王杯では案外な競馬でしたが、今回は見直しが必要な1頭ではないでしょうか。外枠はこの馬にとってはプラス材料でしょうし、川崎競馬場も関東オークスを制した舞台なので問題ありません。抑えておいて損はないでしょう。

 

13. ハナズリベンジ
前走地方に移籍して初のレースでしたが案外な競馬でした。戦ってきた相手関係が違うのでもう少し良い競馬をしてほしかったです。現状の力を考えるとこのメンバーで勝ち負け出来る馬だと思えません。複勝圏内も微妙なので思い切って消します。

 

★エンプレス杯2017最終予想

◎ 09. ワンミリオンス
○ 11. リンダリンダ
▲ 01. ブランシェクール
☆ 04. ヴィータアレグリア
△ 02. タマノブリュネット
△ 12. タイニーダンサー

 

★エンプレス杯2017買い目

3連複・・・4点
09 - 11 - 01,04,02,12

 

上位2頭が抜けていると考えているのですが、決め手に欠けるというか固定出来る馬ではないので印の馬を絡めて3連複で勝負することを選択しました。

では、良い水曜日を・・・

今ココの競馬予想がアツい!とにかく当ててくる!!

「KEIBA会議」はユーザー同士の交流をテーマにした
全く新しい競馬情報サイトです。

→ http://www.raceweb.jp/

その前に・・・
「KEIBA会議」ってどんなサイト?

 

「KEIBA会議」最新的中実績

 

そして、当然ですが・・・あります!

「KEIBA会議」の買い目提供!!

 

今週は3歳クラシックトライアル・弥生賞!!
競馬で勝つには好調な予想サイトに乗るのが1番です!!

>「KEIBA会議」で高配当レースをを徹底攻略!!
→ http://www.raceweb.jp/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 
 

スポンサーリンク


関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!