【フェブラリーステークス2017】出走予定馬|予想|予想オッズ6倍モーニンが名手ライアン・ムーア騎手を迎え連覇に挑む!!

   2017/02/18

 
【札幌記念】1番人気ヤマカツエースの勝利はあるか?絞りに絞った1点無料
 

【神ログ無料メルマガ】今週の配信予定
2017年8月19日(土)10:00:未定
2017年8月20日(日)10:00:未定

メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/
関屋記念2017ブログで予想発表!
2016年4月30日QE2世C(G1)的中!
馬連 10.4倍
2016年4月29日青葉賞(G2)的中!
馬連 7.8倍
2016年4月8日阪神牝馬S(G2)的中!
馬連 8.2倍

 

日曜日に行われた共同通信杯と京都記念はW的中することが出来ました。京都記念は◎△▲でワイド8.3倍を的中しました。スマートレイアーが2着に来ることが想像出来ず、3強で2着まで決まると判断しましたが、結果的には馬連で購入していればと…後悔する結果になりました。共同通信杯は▲☆◎と印をつけた馬で馬券を独占してくれました。こちらもワイドでしたが7.4倍を的中することが出来ました。今週行われる中央競馬最初のGⅠフェブラリーステークスに向けてはずみになったのではないでしょうか。

 

いよいよ今週末に中央競馬今年最初のGⅠレース【フェブラリーステークス】が行われます。昨年ダート界の帝王ホッコータルマエが引退して一時代が終わりました。実績馬もドバイ遠征などもあり回避が続いたので、今年の同レースは大混戦模様なのではないでしょうか。登録馬も多く見ているだけに混戦模様なのがわかります。

 

★フェブラリーS2017出走メンバー短評(前半)

アスカノロマン
中央ダートGⅠでは昨年は複勝圏内を外さない競馬をしました。みやこステークスこそ2桁着順と大敗しましたが、それ以外は大崩れのない安定感のある競馬を見せてくれました。斤量も背負いなれているのでそこまで問題ないでしょう。昨年のメンバーレベルが高い中で3着に好走した馬なので適正は問題ありませんし、このメンバー相手でも自分の競馬をしっかり出し切ることが出来れば今年も複勝圏内に入る可能性は十分あるのではないでしょうか。

 

インカンテーション
昨年の2着馬なので適正は問題ありません。昨年に比べるとメンバーレベルは楽な印象になったので状態さえ戻っていて全盛期の力を取り戻していれば勝ち負け出来るチャンスはありそうです。ただ怪我をしてから正直本来の競馬を取り戻せていません。年齢という問題と前走の東海ステークスでの2桁着順を考慮すると期待するのは難しいかも知れませんが、展開が嵌まれば複勝圏内に入線してもおかしくない能力は持っています。

フェブラリーS2017最終予想

→ http://kamikeibalog.com/

 

エイシンバッケン
なかなか500万条件を抜け出せませんでしたが、抜け出してからは安定感抜群の戦績で一気に重賞まで舞台を進めてきた印象です。ただ良績を残しているのはマイル以下なので1600mとなるとこの安定感を信用しても良いのか疑問でもあります。さらにGⅠレースなので各陣営本気で獲りに来るので未知数な部分が多いので穴馬として考えたいと思います。

 

カゼノコ
2014年にジャパンダートダービーを制したGⅠ馬です。12日の東京競馬10Rのバレンタインステークスに出走して12着だったので仮に出走出来たとしても力的にここでは厳しいでしょう。連闘出走は考えにくいので仮登録みたいな感じなのではないでしょうか。

 

カフジテイク
前走の根岸ステークスでは後方一気の末脚で勝利しました。どのような展開でもしっかり上り最速の脚を使えるのが武器なのですが、後方一気な分どうしても展開の助けが必要です。前走勝利に導いた福永騎手も落馬負傷で乗り替わりは確実なので騎手面でも不安要素が残ります。3走前に武蔵野ステークスで東京ダート1600mで3着と結果を残しているので適正は問題ないのですが、不安要素が多いので抑えまでか。

 

キングズガード
左周りになるとワンパンチ足りない印象が強いのですが、それでも近2走は東京コースで連続4着と安定感のある競馬はしてくれます。掲示板を外したのはデビュー戦以来ないので安定感を考えると馬券に入れておきたい存在です。GⅠは初挑戦になりますが、前走の根岸ステークスで一線級の相手に苦手な条件で4着は評価出来るのではないでしょうか。今回はさらに相手関係強化の1戦ですが展開が嵌まればチャンスがあるのではないでしょうか。

 

ケイティブレイブ
デビューから休みなく使われている印象があるので常に状態面が気になります。前走の川崎記念では厳しい競馬ながら5着と善戦してくれましたが、明らかにデキ落ちしている様な印象も持ちました。距離もいきなりマイル戦になるので忙しくなる可能性も十分考えられます。川崎記念からフェブラリーステークスと厳しいローテーションですが、状態面が良ければここでも複勝圏内のチャンスがあるので追い切り次第ではないでしょうか。

 

コパノリッキー
武豊騎手とのコンビが再結成されるので期待が高まる存在です。昨年はJBCクラシックからスランプに陥りチャンピオンズカップでも2桁着順とかなり深刻なスランプに陥っている様でした。GⅠ4勝の手綱を握った武豊騎手に乗り替わるのでスランプ脱出の期待も出来ますが、中央GⅠはこの馬向きの展開になりにくい傾向にあります。ただ今の東京は基本前有利で勢いのある馬もいなく武豊騎手と最高のパートナーに替わるので勝ち負け出来てもおかしくない存在です。

 

ゴールドドリーム
前走の中央ダートGⅠチャンピオンズカップを3歳馬ながらに挑戦しましたが2桁着順と大敗しました。使い続けていた分の疲れが出た印象があります。実績的には他の有力メンバーには叶いませんが、能力的には他の有力馬に負けていないと考えています。前々走の武蔵野ステークスで古馬の実績馬相手に好勝負を演じて2着と好走したので、東京マイルは絶好の舞台ではないでしょうか。鞍上のM・デムーロ騎手も絶好調中なので追い切りさえよければ狙ってみたいです。

 

サウンドスカイ
2015年の全日本2歳優駿を制してGⅠ馬に仲間入りしましたが、長期休養を挟んで前走1年1ヶ月ぶりに実践復帰しましたが2桁着順と少し不甲斐ない印象の競馬でした。まだまだ感覚を取り戻す意味でも使い続けて良くなるのを待つしかなさそうです。今回は消します。

 

サウンドトゥルー
今年の始動戦となった川崎記念で2着と状態面の良さを示してくれました。直線で抜群の末脚で追い込みましたが、逃げた馬を交わすことが出来ませんでした。ただ始動戦としては抜群の動きでしたが、今回は距離が1600mに短縮されるので少し忙しい競馬になるため前走ほどの信頼度はないのではないでしょうか。後方一気の脚質もあまり評価できないので本命向きではないのではないでしょうか。ただ安定した実績から馬券から外すことは出来ないでしょう。

 

スーサンジョイ
1600万やオープンを連勝して昨年GⅠ初挑戦しましたが2桁着順と大敗しました。以降もなかなか結果を残せていないので一線級の相手とぶつかる今回はさらに厳しい競馬になると考えられます。今回は掲示板も厳しいでしょう。

 

ソルティコメント
3走前の武蔵野ステークスであのメンバー相手に2桁着順を期しているので、一気にメンバーレベルが上がる今回も2桁着順濃厚ではないでしょうか。消します。

 

★今年は「距離適性」「実績」が鍵か!?

先程もお伝えしましたが、今年のフェブラリーステークスは非常に難解なレースになりそうです。中央競馬最初のGⅠレースなので競馬ファンも盛り上がると思うので売り上げも相当のものだと考えると配当にも期待出来ます。今年は例年に比べてこの馬な連軸には向いているだろうとと馬が見つけにくいです。抜けた馬がいないというのもそうなのですが、『マイル適正』の有無を判断するのが難しいポイントではないでしょうか。さらに最近不調気味の『実績馬』達がいつ爆発するかも読みにくいです。少しでも的中確率を上げるならこのポイントを見抜く必要があると考えています。

 

軸馬候補① ⇒ ゴールドドリーム

前半メンバーの中ではこの馬が少し抜けている印象を受けました。キャリア的にはベテランの実績馬達には勝てませんが、東京ダート1600mの適正を考えるとここは手を伸ばしたい存在です。鞍上のM・デムーロ騎手も勢いが出てきただけにここは買い時か。

 

昨年一番の大勝負【マイラーズC】で28万馬券的中をお届けした

大物関係者が大金獲得に挑む【フェブラリーS3連単勝負馬券】
馬主関係者情報の威力を体感して頂く為に、今回限り特別無料配信

トップシークレット:フェブラリーS300_250

 

★フェブラリーS2017出走メンバー短評(後半)

チャーリーブレイヴ
重賞レースでは掲示板を確保したこともないのでここでは力不足なのは明白でしょう。ただ勝利した6戦の内5戦が東京コースでそのうち3戦が今回と同じ1600mなので適正は非常に高いです。追い切りの状態が良く枠も良いところに入って初めて重賞で掲示板に入線出来る可能性はありますが、複勝圏内は難しいのではないでしょうか。

 

デニムアンドルビー
昨年の有馬記念で9着と敗れましたが、キャリア的にはここは上位です。ただ今までのキャリア全て芝レースでの結果なのでダート戦は未知数な部分があります。もともと脚元に不安がある馬なのでダート選択は良いのかも知れませんが、初ダートに久しぶりのマイルとかなり不安材料が多いのが現実です。東京コースはこの馬の末脚を生かせる舞台なので最適ですが、ここは本命視は出来ないので紐評価か。

 

ニシケンモノノフ
GⅢ重賞や交流重賞では結果を残していますが、今回はメンバーレベルが一気に上がるので安定感をそのまま信頼してはいけないのではないでしょうか。距離も1200m~1400mを中心に走っているので、このメンバー相手に1600mは厳しいのではないでしょうか。東京コースの重賞レースでは複勝圏内に入線した経験がないので良くて掲示板あでか。

 

ノンコノユメ
昨年もこのレースを始動戦として2着に好走しているので、適性と実績だけ考えるとここは上位評価が必要な1頭です。昨年去勢手術をしてからは勢いこそなくなりましたが、安定した戦績をしっかり大舞台で残しています。去勢後に馬体重が減っていることが気がかりですが、東京コース替わりはプラス材料なだけに期待しても良いのではないでしょうか。間隔も開いたので気分もリフレッシュしてそろそろ去勢効果が出る可能性が高いです。ここは複勝圏内に好走する確率は高いのではないでしょうか。

 

ピオネロ
12日の京都競馬10Rアルデバランステークスに出走して3着の結果でしたが、明らかに太目残りの印象を受けました。展開的な不利な印象を受けましたが、これがフェブラリーステークに向けての叩き台ならば良い叩き台になったのではないでしょうか。連闘挑戦になりますが、状態面さえよければ十分面白い穴馬ではないでしょうか。まだまだ成長している馬体にも思えたので注目の1頭です。

 

ブライトライン
近走の競馬内容や能力を見る限りここでは厳しい競馬になるのではないでしょうか。混戦模様ですが、さすがに能力が足りないのは明白なのでここは軽視します。

 

ブラゾンドゥリス
キャリアの中で重賞挑戦は1度だけで2桁着順なのでまだGⅠ級の力の持ち主ではないでしょう。まずは自己条件でしっかり勝ち切ってから挑戦してほしいです。消します。

 

ベストウォーリア
昨年末から早々とこのレースに出走を明言していたのでここにかける想いは人一倍強いのではないでしょうか。前哨戦の根岸ステークスは2着に敗れましたが、叩き台としては問題ないレースだったのではないでしょうか。1400m~1600mからベストな舞台なので距離適性は問題ありませんし、前走の結果などから東京コースも問題ないので初の中央GⅠ獲得に向けて準備もも舞台も整ったのではないでしょうか。

 

ホワイトフーガ
牝馬なのであまり人気しないかも知れませんが、安定感抜群の戦績が特徴なのでここでも抑えておく必要があるのではないでしょうか。JBCレディスクラシック2連覇を達成するなど牝馬限定戦戦@なら力は抜けているのですが、混合になると力を出し切れていません。ただ力をしっかり出し切れれば十分この馬にもチャンスがあると思うので馬券には入れておきたいです。

 

メイショウウタゲ
オープンでの勝利経験はありませんが、前走の東海ステークスでは10番人気ながら3着と良い競馬を見せてくれました。ただ展開が嵌まった印象が強く正直ここでも好走が期待できるかと言われると難しいと判断しています。武幸四郎騎手が乗れば有終の美ということで面白いかも知れませんが現状厳しいでしょう。

 

モーニン
連覇の掛かる1戦なので注目の1頭です。昨年は前哨戦の根岸ステークスを使いましたが、今年はぶっつけ本番で臨んできます。結果を出している舞台なので適正などは気にする必要はありません。1週前追い切りから抜群の動きを見せているので最終追切もスムーズにいけばいきなりでも良い競馬を見せてくれるのではないでしょうか。さらに陣営の勝負気配として鞍上のR・ムーア騎手を手配したことを考えてもかなり本気度が高いと考えているので期待したいです。

 

モルトベーネ
前走東海ステークスで2着と健闘しましたが、ここは厳しいのではないでしょうか。東京適正も高いとは思えないのでここは消します。名古屋大賞典かマーチステークスに向かうみたいなのでここは登録だけだったのかも知れません。

 

レッツゴードンキ
前走は芝のマイル戦でしたが、前々走にJBCクラシックで2着を経験しているのでここでも面白い存在ではないでしょうか。東京のダートコースは初経験ですが、軽い砂なのでそこまで問題ないでしょうし、マイル適正も高い馬なので条件的にはプラス材料が揃ったと考えています。近2走の結果だけ見ると復調気配が感じられるのでここでも狙いたい存在です。メンバーも恵まれたので桜花賞以来のGⅠタイトルの可能性もあります。

 

軸馬候補② ⇒ モーニン
後半メンバーの中で1番本気度が高いのはこの馬ではないでしょうか。R・ムーア騎手を手配している辺りが勝負度と本気度の高さを感じさせてくれます。連覇に向けて体制を整えており、昨年に比べるとメンバーレベルも落ち着いたので連覇濃厚と言っても過言ではありません。

 

【フェブラリーS】3単勝負が無料!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年一番の大勝負・マイラーズC
28万1010円的中!

大物馬主関係者が再び大金獲得に挑む

【フェブラリーS・3連単勝負馬券】
今回限り特別無料配信!
http://www.topst.jp/

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■馬主情報があれば特大万券も獲れる

マイラーズC(G2) 28万1010円的中
毎日王冠(G2)    6万1710円的中
札幌記念(G2)    2万2060円的中
エ女王杯(G1)    2万0680円的中
京王杯AH(G3)   1万9430円的中
京王杯2歳S(G2)  1万6080円的中
セントウルS(G2)  1万5990円的中
エプソムC(G3)   1万5090円的中
紫苑S(G3)     1万4590円的中
きさらぎ賞(G3)   1万4180円的中
ラNIKKEI賞(G3)   1万3040円的中
京都金杯(G3)    1万1040円的中

▼フェブラリーS勝負馬券を無料入手
http://www.topst.jp/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket