【京都金杯2017】最終予想|予想オッズ2.0倍のエアスピネルを本命!買い目発表!

 



 
 

【神ログ無料メルマガ】今週の配信予定
2017年2月26日(日)10:00:阪急杯


メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/
2016年1月29日シルクロードS(G3)的中!
ワイド☆―○△ W的中 14.4倍 12.6倍
2016年1月29日根岸S(G3)的中!
3連複◎☆▲ 23.9倍
2016年1月22日日経新春杯(G2)的中!
3連単◎△○ 50.6倍


 

JRAの公式ホームページで2017年度のレーシングカレンダーが発表されています。年が変わってすぐですが、2017年度は「有馬記念で占める」っと言うことは出来ない年末になりそうです。今年はクリスマス・イヴの24日に有馬記念が行われて、28日にも競馬が行われます。なんだか締まらない競馬年になりそうですが、しっかり走り抜けたいです。

 

今年の中央競馬は1月5日(木)から始まります。京都では【京都金杯】(芝1600m)が行われます。「一年の計は金杯にあり」と言われいるほどなので競馬ファンの中でもこのレースで1年を占う方も多いのではないでしょうか。今年は昨年のクラシック善戦馬などメンバーが揃った1戦なので面白いレースになるのではないでしょうか。

 

★京都金杯2017出走予定馬短評(前半)

アストラエンブレム M・デムーロ騎手
デビューから注目されている素質馬ですが、現時点では重賞タイトルが取れていません。デビューから8戦して(4:1:1:2)で馬券を外れた2回もともに4着と安定感のある戦績を見せてくれました。近2走は自己条件での競馬でしたがしっかりと連勝しています。重賞では結果を残せていませんが能力的には非常に高い馬なのでスムーズな競馬出来れば昇級してもすぐに通用するのではないでしょうか。

 

アルマディヴァン 池添騎手
近走は掲示板にも絡んでいないのでここでは力不足なのは明白ではないでしょうか。消します。

 

エアスピネル 武豊騎手
最強世代と言われている現4歳世代で昨年のクラシック戦線は4着、4着、3着と抜群の安定感を見せてくれました。主戦を務めている武豊騎手も「生まれた年が悪かった」とコメントしているので普通の世代なら3冠も夢ではなかったのではないでしょうか。菊花賞以来の競馬なので体調面などが気になります。古馬との対戦は初めてになりますが、適正距離に戻っての戦いなのでここでは勝ち負け必至ではないでしょうか。

 

ガリバルディ C・ルメール騎手
近2走はメンバーレベルも高かったので厳しい競馬になりましたが、3走前の中京記念では後方一気の競馬でしたが初重賞制覇となりました。能力的には非常に高い馬なのですが、開幕週の京都を考えるとこの脚質は良い材料ではありません。ただ好位で競馬が出来る馬でもあるので福永騎手からC・ルメール騎手に乗り替わるのプラス材料ではないでしょうか。ここでも勝ち負けが出来る可能性が高い1頭ではないでしょうか。

 

グァンチャーレ 未定
近2走は自己条件ではありますが馬券を外していません。中山金杯にも登録されているのでどちらに出走してくるかわかりませんが、京都適正が高いので京都の方が面白いのではないでしょうか。マイル適正が高い馬なので距離は問題ありません。相手関係はどちらに出ても厳しいですが、京都金杯なら穴馬として注目したいです。

 

ケントオー 和田騎手
先月に行われたリゲルステークスに登録していましたが回避してこちらを選んできました。回避理由は定かではありませんが、ハンデを嫌っただけなら良いのですが状態面に不安があるとしたら追い切りや当日のパドック気配は注視しておきたいところです。前走は休み明けということもあって2桁着順でしたが、叩き2戦目で状態が復調していれば上位を脅かす能力がある馬なので注目です。

 

サクラアドニス 未定
近走は2桁着順も目立っており、障害レースも走っているので陣営も適正を掴めていないのでしょうか。消します。

 

ダイシンサンダー 岩田騎手
昨春は自己条件ではあるものの良い競馬を見せていましたが、秋は掲示板がやっとという戦績でした。メンバーレベルが一気に上がるので楽な競馬にはならないでしょうが、準オープンで京都1600mは勝利経験があり、その時にコンビを組んでいた岩田騎手に乗り替わるので条件的には面白い存在ではないでしょうか。ロスの少ない枠に入れば穴馬として注目したい存在です。

 

ダッシングブレイズ 未定
昨年まではしっかり結果を残していましたが新年1発目のレースで調子を崩したのか2016年は勝ち星なしで終わってしまいました。能力的には上位メンバーと遜色のないものを持っているのですが、状態面がどこまで回復しているのかも気になるところです。約5ヶ月の休み明けなので取り捨てが難しいですが、出走出来るなら抑えておいても良いのではないでしょうか。

 

ダンツプリウス 丸山騎手
昨年のNHKマイルC4着馬なのでマイル適正は高いです。昨秋から古馬相手にオープンで勝負をしていますが少し物足りない競馬が続いています。メンバーレベルが一気に上がる今回はさらに厳しい競馬になるのではないでしょうか。枠順と状態次第では軽視しても良い存在ではないでしょうか。

 

テイエムイナズマ 古川騎手
戦績にムラがあるタイプの馬なので人気と実力が比例しませんが、相手なりしっかり走る馬なのでここでも好走する可能性は高いでしょう。堅実に末脚を生かせるタイプの馬なので好位をつけて末脚を生かせる展開になればこのメンバーでも十分通用すると考えています。馬券の軸には出来ませんが抑えておいて損の無い1頭ではないでしょうか。

★金杯からGⅠへ!

金杯レースは共にGⅢレースなので、新年一発目の重賞として賭ける方は多いでしょうが出走馬をずっと注目している方は少ないのではないでしょうか。今年の両金杯の出走メンバーを見る限りで今年のGⅠ戦線に出走してきてもおかしくない能力の高いメンバーがいるので今後も注目しておきたいです。昨年の中山記念を制したヤマカツエースは同年の有馬記念に出走して豪華メンバーの中4着と大健闘しました。今年もGⅠレースを賑わす有力馬がこの中にいるかも知れないので両金杯とも注目したいです。

 

軸馬候補① ⇒ エアスピネル

現4歳世代の評価が昨年の有馬記念でのサトノダイヤモンドでのレースで少し揺らぎました。最強世代が古馬になったので改めて評価する意味でも重要なレースになるのではないでしょうか。昨年のクラシックで4着、4着、3着と高い能力を持っている馬なのでここは通過点に過ぎないのではないでしょうか。

 

 

京都金杯2017出走予定馬短評(後半)

テイエムタイホー 幸騎手
近走は2桁着順が続いていますが、メンバーレベルの高い中での競馬なので仕方のない部分もあります。昨年の京都金杯は13番人気ながら2着と好走している馬なので、ここでも侮れない存在ではないでしょうか。去年よりメンバーレベルは高いですが、ハンデは56㎏と軽くなっているので展開さえ向けば今年も好走出来る可能性は高いです。
テラノヴァ 未定
4戦連続連対中と勢いがありますが、あくまでも自己条件での競馬なのでレース内容を見る限りではここでは力不足です。タイム的には良いものを持っていますが格上挑戦なので展開が嵌まらないと厳しいのではないでしょうか。出走は厳しいでしょうが、状態面が良ければ先行投資してい見るのも面白い1頭ではないでしょうか。

 

ドレッドノータス 未定
2016年のリーディングを獲得したメンツが集まっているので昨年を象徴する馬ではないでしょうか。前走はダートを使って適正外だったので参考外でしゅう。皐月賞では案外な競馬でしたが、京都2歳ステークスの競馬を見る限りでは能力面は高いだけに注目していました。京都適正は問題ありませんし、距離短縮で初1600mになりますが血統的にはそこまで気にしなくて良いと考えています。スピードがある馬なので京都の開幕週は合っていると考えています。出走出来れば面白い1頭ではないでしょうか。

 

ピークトラム V・シュミノー騎手
近2走は2桁着順が目立っており、さらに競馬内容もあまり良くないのでここでは厳しい競馬になるのではないでしょうか。前走に比べてハンデは2㎏軽くなり、鞍上もV・シュミノー騎手を手配したので陣営の勝負気配も感じられます。ただメンバーレベルは上がるのでここでは厳しい競馬になるでしょう。

 

フィエロ S・フォーリー騎手
重賞勝利経験はありませんが、マイルチャンピオンシップ2着2回など実績はメンバーの中で1番良いのではないでしょうか。ハンデも57.5㎏おトップハンデを背負うことになりますが、58㎏でも走っているのでそこまで気にしなくていいのではないでしょうか。京都適性も高いので適正面は問題ありませんが、間隔が詰まっているだけに状態面が気になります。状態を仕上げてから出してくる厩舎だけに状態が良いので出してくるとしたらここでは馬券圏内の各膣は高いのではないでしょうか。

 

ブラックスピネル 福永騎手
重賞での勝利経験はありませんが、掲示板を外れたのはキャリア12戦の中で1回だけという安定感のある持ち主です。京都適正や距離適性も問題ありません。戦績から見ても勝ち切れる印象はありませんが、大崩れもしない馬なので穴馬として狙いたい存在ではないでしょうか。福永騎手とは初コンビなのでどのような競馬を見せてくれるか楽しみです。馬券には入れておきたい馬です。

 

ブラックムーン 浜中騎手
京都競馬場での戦績が(2:2:1:0)と馬券を外していない安定感の持ち主で京都巧者でもあります。前々走の富士ステークスでは惜しい競馬でしたが、前走のキャピタルステークスでは強い内容で勝利しました。後ろからの競馬で勝負する馬なので京都の開幕週馬場が合うかどうかは微妙なところです。コンビ相性の良い浜中騎手なので不安材料はあるのですが、馬券からは消せない存在ではないでしょうか。

 

ペイシャフェリス 秋山騎手
近走の戦績ではここでは力不足なのではないでしょうか。6戦目なので余力もないでしょう。間隔を開けて改めて自己条件で狙います。

 

マイネルハニー 柴田大騎手
前走のチャレンジカップではギリギリ勝利した印象でしたが、レース内容を考えると評価出来るレースだったのではないでしょうか。ダービーでは距離も長く不甲斐ない競馬でしたが、自己条件に戻ると安定感のある競馬を見せてくれています。今回は久しぶりのマイル戦なので距離適性がもつかどうかという点が気になります。初の京都コースですが脚質を考えると開幕週は味方なので注目したい馬です。

 

ミッキージョイ 横山典騎手
重賞は初挑戦となりますが、戦績を見る限りではここでも良いレースをしてくれるのではないでしょうか。しっかり自己条件で力をつけてきたので能力的にはここでも良い勝負が出来るのではないでしょうか。好位から良い末脚が使える馬なので展開が嵌まれば面白い存在です。さらにディープインパクト産駒なので京都外回りは得意な条件なのではないでしょうか。不安材料は初の関西輸送でどのような影響があるか未知数なので、当日の状態次第と言ったところでしょうか。

 

ムーンクレスト 藤岡佑騎手
準オープンでは安定した競馬をしていますが、オープンに入ると掲示板がやっとというような競馬です。メンバーレベルも上がるのでここも難しい競馬になるでしょうが、京都競馬場では良い戦績を残しているので展開が嵌まればチャンスはあるでしょう。ハンデも54㎏と恵まれているので積極的な騎乗を見たいですが、馬券的には抑えまでの評価にしておきます。

 

軸馬候補② ⇒ マイネルハニー
相手関係は一気に強化されましたが、前走の内容を京都の開幕週の馬場を考えるとこの相手でも勝負出来るのではないでしょうか。前走は距離短縮でしっかり折り合えていたので、さらに距離短縮ですが大丈夫でしょう。初京都という不安面はありますが、脚質が魅力的なので面白い存在ではないでしょうか。

 

2017年の開幕戦は中山金杯・京都金杯変則日程の木曜日開催で有力馬の調整は順調なのか? それとも……

2017年の競馬初めは“お年玉”情報馬で大きく狙う!


第66回 中山金杯(G3)
第55回 京都金杯(G3)

絞り絞った◎○▲3頭
無料で教えます

中山金杯・京都金杯の3頭はコチラ

 

2015年の2歳女王で昨年の牝馬クラシック戦線では大本命とされていましたが、桜花賞で4着と敗れ3歳マイル王を決めるNHKマイルカップに出走して見事勝利したメジャーエンブレムが競走能力喪失のため引退することが発表されました。能力が非常に高い馬だったので非常に残念です。

 

日曜日の京都11Rで【京都金杯】が行われます。登録段階で22頭とフルゲート確実でしたが、さらに能力が高い馬があつまり金杯らしく予想が難解なレースになりました。最強世代と言われた昨年の3歳世代が古馬になり始めて挑む重賞になります。昨年の牡馬クラシック戦線を楽しませてくれた馬も出走するので面白いレースになるのではないでしょうか。

★京都金杯2017予想オッズ

1番人気 エアスピネル    2.0倍
2番人気 アストラエンブレム 2.8倍
3番人気 ブラックムーン   6.3倍
4番人気 ダンツプリウス   23.0倍
5番人気 マイネルハニー   25.2倍

では、早速京都金杯の最終予想を発表します。

 

★京都金杯2017最終予想

◎ 06. エアスピネル
〇 04. ブラックムーン
▲ 14. アストラエンブレム
☆ 18. ガリバルディ
△ 01. ブラックスピネル
△ 05. フィエロ

 

◎ 06. エアスピネル
最強世代と言われてる世代でクラシック戦線では3強には敵いませんでしたが、彼らに次ぐ好戦績を残しています。天才レジェンド武豊騎手もその能力を認め悔しがっていたので彼もこの馬に賭ける思いは強いのではないでしょうか。距離の順応性はさることながら能力が非常に高い馬なのでここでは抜けていると考えています。ただGⅠで勝負出来る馬なのでココでメイチの仕上げをしてくるとは考えにくいのでデキはそこまで良くないでしょう。ただ今後GⅠで勝負するのならばここは下手な競馬は出来ないと考えています。あくまでも通過点と考えてるので本命勝負します。

 

〇 04. ブラックムーン
京都競馬場での戦績が(2:2:1:0)と馬券を外していない安定感があるので相手候補として印を回しました。枠も良い場所に入ったので評価を少し上げました。浜中騎手に戻ったこともプラス材料だと考えています。後ろから行く脚質ですが好位からも競馬出来るのでこの枠を生かした競馬をしてくるのではないでしょうか。

 

▲ 14. アストラエンブレム
デビューから8戦で(4:1:1:2)と馬券を外したのは2回でともに4着と安定感抜群の戦績です。重賞ではいまひとつ足りませんが、近2走は自己条件でしっかり連勝して勢いに乗っているので怖い存在です。ただ週中の小島調教師のコメントは「本当に良くなるのは先だけど」と発言しているのでここは勝負するレースなのではないでしょう。相変わらず状態面は良さそうなのでこの印にしました。

 

☆ 18. ガリバルディ
近2走は悔しい競馬が続いていますが、能力は非常に高い馬なのでここでも勝負出来ると考えています。福永騎手からC・ルメール騎手に替わったのは好材料です。京都1600mはディープインパクト産駒の得意舞台なので好走する可能性は高いです。ただ開幕週の京都開催なので末脚勝負を好むこの馬にとっては厳しい展開になるのではないでしょうか。重賞以外では先行策に出ていたので今回も先行策に出ればチャンスがあるのではないでしょうか。

 

△ 01. ブラックスピネル
重賞勝利経験こそありませんが1枠1番の良い枠に入ったので面白い1頭ではないでしょうか。掲示板を外れたのもキャリア2戦の中で1回なので相手なりにしっかり走っている証拠でしょう。メンバーレベルは上がりますが大崩れしない馬で適正も問題ないので抑えておいて損はないのではないでしょうか。

 

△ 05. フィエロ
間隔が詰まっているのが気になっていましたが、追い切りの動きを見てる限りでは問題なさそうなので穴馬として印を回しました。こちらも重賞での勝利経験はありませんが、マイルチャンピオンシップ2着2回など京都適正や実績はメンバーの中でも上位ではないでしょうか。ハンデが気になるので印はそこまで上げれませんが損はない馬でしょう。

 

★京都金杯2016買い目

3連複・・・9点
06 - 04,14,18 - 04,14,18,01,05

 

 

本命馬のエアスピネルは実力的には上位だと思いますが、GⅠへ向かう馬ですからここで本気の仕上げを施してくるとは考えにくいので固定は難しいと考えました。

では、良い木曜日を・・・

 

【京都金杯】3単勝負馬券を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都芝のマイル重賞・マイラーズCで
28万1010円的中をお届けした
大物馬主関係者が再び大金獲得に挑む
【京都金杯3連単勝負馬券】
今回限り特別無料配信!
http://www.topst.jp/
早い者勝ちです。お急ぎ下さい!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■馬主情報があれば特大万券も獲れる

マイラーズC(G2) 28万1010円的中
毎日王冠(G2)    6万1710円的中
札幌記念(G2)    2万2060円的中
エ女王杯(G1)    2万0680円的中
京王杯AH(G3)   1万9430円的中
京王杯2歳S(G2)  1万6080円的中
セントウルS(G2)  1万5990円的中
エプソムC(G3)   1万5090円的中
紫苑S(G3)     1万4590円的中
ラNIKKEI賞(G3)   1万3040円的中

▼京都金杯3連単勝負馬券を無料入手
http://www.topst.jp/
トップシークレット:京都金杯300_250

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 
 

スポンサーリンク


関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!