【朝日杯フューチュリティステークス2016】出走予定馬|予想|予想オッズ2.4倍ミスエルテ(牝馬)は信頼できるのか?

 

 
キーンランドCで万馬券を獲りたい方は必見!超穴馬を無料公開!
 

【神ログ無料メルマガ】今週の配信予定
2017年8月26日(土)10:00:未定
2017年8月27日(日)10:00:未定

メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/
5月6日 GⅡ京都新聞杯 ◎☆ 馬連(5点) 8.8倍
5月10日 羽田盃 ◎☆ 馬連(5点) 3.3倍
5月31日 さきたま杯 ◎○☆ 3連複(9点) 2.3倍
6月7日 東京ダービー ◎○△ 3連複(4点) 6.3倍
6月8日 北海道スプリント ◎○▲ 3連複(4点) 2.6倍
6月14日 関東オークス ◎▲△ 3連複(6点) 23.9倍
7月17日 マーキュリーカップ ◎〇▲ 3連複(4点) 3.4倍
7月30日 クイーンステークス ◎▲ 馬連(5点) 22.1倍

1日GⅠレースが5つもあった日曜日が終わりました。忙しい1週間で週末には最終予想して6レース予想を公開しました。4レース的中出来たので満足しています。ただ香港カップは2着3着が逆転していれば3連単で締めくくれたのでその点だけが残念で仕方なりません。

 

忙しい日曜日が終わりましたが、来週には2歳王者を決める【朝日杯フューチュリティステークス】が行われます。2歳女王と同じ舞台、距離で行われるレースです。今年は怪物産駒の牝馬が参戦してくるので来年のクラシック戦線を見据える意味でも注目の1戦です。

 

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設・創業35年ホースメン会議

創業35年の実績と信頼に裏打ちされた当社の実力を知って頂く為の特別無料配信!
今週の無料提供レースは【朝日杯FS】の鉄板3点勝負!
フランケル産駒の大物ミスエルテが牝馬での初制覇なるのか!?
万が一、朝日杯FSを3点で獲れなかったら「1日1鞍の渾身予想」を4週間無料配信!

→ http://www.hmco.jp/

 

★朝日杯フューチュリティステークス2016出走予定馬短評(前半)

アシャカリアン
抽選対象馬。前走未勝利戦を抜け出したばかりの馬です。キャリア2戦ともダート路線を使われてるので芝は未知数です。ただ血統的にはダート血統なので芝でもやれそうですが、このメンバーでは厳しい競馬になるでしょう。軽視します。

 

アメリカズカップ 松若騎手
デビューから負けなしの2連勝中です。前走は距離延長の1戦でしたが、しっかり勝ち切ってくれました。メンバーレベルが低くかったので勝利出来た印象が強く本質はマイラーではないでしょうか。距離短縮はプラス材料なのでスムーズな競馬が出来れば複勝圏内のチャンスはあるのではないでしょうか。

 

クリアザトラック
抽選対象馬。兄にベルキャニオンがいる良血馬で11月にデビューしたばかりなのでまだキャリアをしては1戦しか積んでいません。1600mの適正は新馬戦で証明しているので問題ありません。新馬戦の内容を見る限りレベルは非常に高いので印を回したい馬です。抽選対象馬なのが残念ですが通って欲しいです。

 

サトノアレス
絶好調中のサトノ軍団ですが、2歳GⅠに進めたのはこの1頭です。キャリア4戦を積んでいますが連対率100%です。ただ未勝利戦を2度挑戦して前走も500万条件と厳しい相手関係ではありません。ディープインパクト産駒で2勝馬はこの馬だけなので人気しそうですが、複勝圏内でなんとかという印象です。

 

サングレーザー
抽選対象馬。未勝利で1勝をマークしただけその他は3着と勝ち切れない印象があります。キャリア3戦を見ている限りでは気性面に問題がありそうなので手が出し辛い印象があります。能力的には良血馬なので高いのですが、重い印は打てません。枠順や追い切りを見て評価を決めます。

 

タガノアシュラ 武豊騎手
新馬戦では阪神ジュベナイルフィリーズで7着サトノアリシアを負かしました。札幌2歳ステークスでは不甲斐ない競馬で8着に沈みましたが、このおかげ人気が下がれば面白いです。メンバーレベルを考えると能力的にやや劣りますが逃げ馬なので騎手の腕の見せどころでしょう。騎乗予定の武豊騎手も朝日杯FSを制すれば中央GⅠ完全制覇なので記録にも注目です。

 

ダイイチターミナル
キャリアは5戦と積んでいますが重賞は近2走のみです。戦績を残しているのはスプリント路線なので1600mは長いでしょう。メンバーレベルが上がるだけにここは厳しい競馬になるでしょう。軽視しています。

 

ダンビュライト C・ルメール騎手
キャリア2戦ですが連対率100%と能力の高いレースを見せてくれています。新種牡馬のルーラーシップ産駒なので重賞初制覇の偉業が掛かるレースになりますが、重賞ではイマイチ力を出し切れていない印象があります。100%力を出し切る競馬をすれば能力的には上位なので取り捨てが非常に難しいです。鞍上予定のC・ルメール騎手は阪神JFを豪快に買っているので勢いに乗っているので注意したいです。

 

トーホウドミンゴ
抽選対象馬。前走未勝利戦を抜け出したばかりなのでここでは通用しないのではないでしょうか。自己条件に戻って期待です。

 

トラスト
地方競馬から中央競馬に移籍してきた力の持ち主ですが、移籍後初戦の前走は5着と掲示板がやっとの競馬でした。前走を見る限りでは1600mがベストそうですが、メンバーを考えるとそこまで手が伸びる存在ではありません。ただ前に行く馬なので展開が嵌まれば複勝圏内なら狙えるので紐評価までではないでしょうか。

 

トリリオネア
抽選対象馬。未勝利を勝ち上がったばかりなのでここでは力不足でしょう。他のレースに登録している様なので出走するかはわかりません。条件的には厳しいのでここでは軽視します。

 

★牡馬GⅠもフランケル産駒に注意!

先週行われた2歳女王を決める【阪神ジュベナイルフィリーズ】ではフランケル産駒のソウルスターリングが圧勝劇を演じましたが、【朝日杯フューチュリティステークス】にもフランケル産駒の牝馬が出走していきます。先週のレース内容からすると圧勝ムードも漂いますが、ライバル馬の大幅な出遅れなどを加味するとどうでしょうか。フランケル産駒の2頭の牝馬の結果次第では今後の日本競馬界の流れが変わるので、牡馬の厳しい流れで結果を出せるか注目したいです。

 

軸馬候補 ⇒ クリアザトラック
デビューして間もないのでキャリアは浅いですが、良血馬なので競馬センスはかなりあります。新馬戦の内容も非常に良かったので抽選対象は残念ですが注目の1頭です。初めてぶつかる一線級相手にどのような競馬を見せてくれるでしょうか。

 

「LINE」や「Facebook」の競馬版があったっていいじゃない。
ついに・・・できました。その名は「KEIBA会議」・・・
ユーザー同士の交流をテーマにした全く新しい競馬情報サイト
朝日杯FSはもちろん年末の有馬記念の予想もバッチリ!!
今登録しないのは、今年一番の後悔になりますよ!!
→ http://www.raceweb.jp/

 

★朝日杯フューチュリティステークス2016出走予定馬短評(後半)

ヒロシゲグローリー
抽選対象馬。未勝利戦を勝ち上がったばかりですが、キャリア2戦を見る限り面白い逸材ではないでしょうか。血統面で人気が上がりそうですが、京都マイルで良い走りを見せてくれました。先行出来る脚質なのでスムーズな競馬が出来れば残れる可能性もあります。

 

ビーカーリー
キャリア6戦と経験を積んでいる牝馬です。なぜ阪神ジュベナイルフィリーズではなく朝日杯フューチュリティステークスを選んだのかはわかりません。デビュー戦を見る限りインパクトもそこまでなかったのでここでは軽視でも良いのではないでしょうか。

 

ブルベアバブーン
芝の新馬戦で惨敗してダート戦で勝ち上がってきただけに芝のマイル戦には疑問が残ります。確かに素晴らしい末脚は持っていますが、このメンバー相手に必ず通用するという保証はありません。芝適正にも疑問が残るのでここは軽視しています。

 

ボルセンヴィーン
血統面で面白いのはこの馬ではないでしょうか。デビュー戦こそローカルで大敗しましたが、未勝利の阪神マイルは人気以上の結果を見せてくれました。血統的にも阪神でこそ走りそうな血統です。前走は京都マイルのデイリー杯2歳ステークスで好走したのでここでも期待が膨らみます。穴馬として印を回したい1頭です。

 

マテラレックス
抽選対象馬。前走の500万条件で2桁着順と大敗しているのでココでは力不足でしょう。消します。

 

ミスエルテ 川田騎手
ソウルスターリングの結果だけ見るとやはりこの馬が1番人気を背負っても驚けません。ただ牝馬限定戦とは違い牡馬の一流馬相手に厳しい闘いでのレースになるのでそれに対応出来るのか疑問な部分があります。前走からのローテーションも良くありません。力がある馬なので不安要素が明白になるのですが、全て撥ね退ける力がある馬なので注目したいです。

 

モンドキャンノ M・バルザローナ騎手
デビューからキャリア3戦ですが連対を外したことはありません。能力値は非常に高い馬なのですが、距離延長が気になるところです。ロス無くスムーズな競馬が出来れば問題ないでしょうがどうでしょうか。さらに鞍上予定がM・バルザローナ騎手というのも不安です。日本に慣れていないのかあまり良い騎乗を見せないので割引が必要なのではないでしょうか。

 

リスクスゼロ
芝のマイル重賞で未勝利を抜け出した馬です。阪神で2回走っていますが複勝率100%の好戦績です。前走はダート戦を使っているので馬が混乱しないか心配です。阪神コースは安定感がありますがメンバーが揃ったので軽視します。

 

レッドアンシェル
キャリア2戦で2連勝と未だに負けなしの2勝馬として挑みます。ここでも穴馬として注目しています。初めてのマイル戦に阪神の坂と不安材料は多いですが、能力的には高い馬なのでスムーズな競馬が出来ればチャンスは十分あるでしょう。

 

レヴァンテライオン 内田博騎手
デビューからずっと注目している馬なのですが、前走の京王杯2歳ステーくでは5番人気ながら2桁着順だったので拍子抜けしました。距離延長に問題があるのだとしたら今回はさらに距離延長になるので凡走する可能性もあります。ただ内田騎手も一度騎乗して感覚を掴んだと考えているのでここでどのような競馬を見せてくれるのか試金石となるでしょう。

 

軸馬候補 ⇒ ミスエルテ
ソウルスターリングもそうでしたがまだ未知数な部分があるのは承知の上でこの馬は抜けていると考えています。デビューしたフランケル産駒の中では1番能力が高い馬だと考えているので牝馬ですが勝ち負け出来る1頭でしょう。陣営もある程度勝算がないとここを選んでは来ないのではないでしょうか。

 

■第68回 朝日杯FS(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
朝日杯FSを3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

14年から舞台が阪神競馬場へと変わった朝日杯FS。中山時代は早熟の一発屋が好走するイメージのあったG1だが、阪神に変わってからは徐々にクラシックへとつながるイメージが作られてきている。阪神外回りコースの2歳G1、阪神JFを好走した組が牝馬クラシックで好走するサイクルは偶然ではなく、このコースで結果を残せる馬は”強い馬”という認識でも過言ではないかもしれない。

 

馬券的には堅いとも荒れるとも言い難い。ただ、今年は牝馬のミスエルテが出走を決定するほどのメンバーレベル。牡馬にチャンピオン級が不在ということからも波乱の可能性は十分。前走別成績で最も優秀なのは東スポ杯2歳Sで出走20頭の内5連対。しかしこれはすべて中山時代のモノで、信頼を置くには物足りないデータ。阪神に変わってからはデイリー杯2歳S組が好調だ。

 

トレセン内の情報だけでなく、牧場、生産関係者などとも太いパイプを持つ競馬セブンは、2歳馬に関してデビュー前から情報を入手済み。そして最も必要なデビューから重賞までの”短期間の上昇度”に関する正確な情報を得る事ができる。

 

今年出走する馬の中にも紙面上の前走比では把握しきれない程、急上昇のカーブを描いている馬がおり、ココは間違いなく勝ち負け必至。厩舎関係者から裏も取っているため、ここは確勝級といえる存在。この馬から買えばホボ馬券が外れる事はない!と自信を持って推奨できるレースだ。この最終ジャッジに興味のある方は、当日13:30に無料配信する【極秘馬連3点勝負】の情報を入手することをオススメする。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 ■第68回 朝日杯FS(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
朝日杯FSを3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket