【朝日杯セントライト記念2016】予想|菊花賞に向けてディーマジェスティがどのような競馬をするか!?

 





【神ログ無料メルマガ】今週の配信予定
2016年12月10日(土):チャレンジC
2016年12月11日(日):カペラS

メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/
2016年12月3日ステイヤーズステークス的中!
馬連 ◎〇 3点 8.8倍
3連単 ◎○▲ 8点 27.1倍


セントライト記念に今年の皐月賞馬であるディーマジェスティが登場します。マカヒキは凱旋門賞挑戦のためフランス遠征中です。牡馬のクラシック中心メンバーであった残り3頭サトノダイヤモンド、リオンディーズ、エアスピネルは来週の神戸新聞杯に登場する予定でした。しかし昨日の夕方に悲しいニュースが入ってきました。このニュースは悲報で各メディアが大きく報じました。リオンディーズが左前繋部浅屈腱炎を発症したこと発表されました。9ヶ月以上の長期休養が必要な様で秋は全休するとのことです。秋は神戸新聞杯から天皇賞秋のローテーションを発表していたので個人的には注目していた1頭なので非常に残念です。屈腱炎は再発の可能性もあるケガでもあるので心配でもあります。まずはしっかりケガを治して復活してほしいです。強くなった彼に会いたいです。

 

日曜日の中山11Rでは【セントライト記念】が行われます。菊花賞のトライアルレースになります。3着までに本番への優先出走権が与えられます。トライアルレースなので有力馬は賞金的にも足りているので始動戦として状態は万全ではありません。一方で賞金が足りない馬などは是が非でも出走権を獲りたいのでメイチの状態で臨んでくるでしょう。菊花賞に向けても各馬の状態をチェックするいい機会なので注目です。

 

★セントライト記念2016オッズ

1番人気 ディーマジェスティ 1.4倍
2番人気 ゼーヴィント    5.4倍
3番人気 マウントロブソン  11.0倍
4番人気 プロディガルサン  12.0倍
5番人気 メートルダール   14.8倍

では、早速セントライト記念の最終予想を発表します。

 

★セントライト記念2016最終予想

◎ 人気ブログランキングで発表
○ 03. プロフェット
▲ 09. プロディガルサン
☆ 05. マウントロブソン
△ 10. ゼーヴィント
△ 06. キークラッカー

 

◎ 人気ブログランキングで発表

追い切りの動きを見る限りでは本番に向けてかなり良い動きをしていました。中山コースなので最後の脚が届くかどうか微妙なところですが、メンバーレベルを考えても上がりの脚を考えても軸馬としては問題ないでしょう。菊花賞に向けてここは恥ずかしい競馬は出来ません。100%の状態ではないにしてもここで馬券にならない様であれば本番でも危険視したいのでここは本命で勝負します。

 

○ 03. プロフェット

追い切りで1番気になったのはこの馬です。神戸新聞杯に出走するサトノダイヤモンドとも追い切りをして抜群の動きだったサトノダイヤモンドと比べても見劣りしない調教内容だったので勝負気配を大きく感じます。展開的には厳しい展開になりそうですが、状態の良さにポイントを置いて評価します。

 

▲ 09. プロディガルサン

東京スポーツ杯2歳Sでは2着と活躍を期待されていましたが、最近はあまり活躍出来ていません。今回は休み明けの1戦ですが追い切りの動きは良かったので状態も良いのでしょう。休み明けでも走るのは過去の実績から証明されているのでここでも期待したいです。馬場が渋っても血統的には問題ないので明日の天候は問題ないでしょう。

 

☆ 05. マウントロブソン

能力的にはメンバーの中で上位なのですが追い切りの動きを見ている限りでは少し信頼度が落ちます。ただ馬体をしっかり作ってくる厩舎なので状態面は最終的に心配はなさそうです。展開が嵌まれば本番でも面白い存在なので注目しておきたい1頭です。

△ 10. ゼーヴィント

馬柱は綺麗なので人気を集めそうですが初距離なので未知数な部分があるので評価的には少し難しいです。夏の上り馬なので状態面はチェック出来ているので展開が嵌まればチャンスは十分にあります。ただ評価としてはここまでにしておきます。

 

△ 06. キークラッカー

鞍上が強化されたので抑えておきたい1頭になりました。前に行く馬は多いですがこの馬は是が非でも逃げると思います。鞍上も柴田大騎手と逃げならば勝負出来る騎手なので買い材料です。土曜日の中山馬場を考えると前が残ることがありそうなので抑えておきます。

 

★セントライト記念2016買い目

馬単・・・5点
◎ → 03,09,05,10,06

3連複・・・9点
◎ – 03,09,05 – 03,09,05,10,06

 

本命馬は人気馬なので馬単が勝負馬券になります。相手馬には穴馬を選んでいるので3連複にして広く抑える馬券にしました。

では、良い週末を・・・

 

【神ログ】では、無料メルマガ会員を募集しています。

ご登録・ご利用はこちら【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━

安田記念 ワイド★ー△(3点)11.3倍 的中 鳴尾記念 馬連 ◎ー★(5点)6.3倍 的中
エプソムC 馬単 ◎ー▲(5点)11.7倍 的中 ユニコーン 3連単 ◎○△(8点)15.6倍 的中
宝塚記念 馬連○ー◎(3点)24.3倍 的中 宝塚記念 3連複 ○◎△(3点)28.1倍 的中
プロキオンS 馬連 ☆ー◎(5点)8.7倍 的中 函館2歳S 馬連 ◎ー○(5点)6.6倍 的中
アイビスSD 3連複 ◎ー○(16点)18.0倍 的中 レパードS3連複 ◎○▲(9点)19.4倍 的中
キーンランドC ☆◎(5点)9.2倍 的中 キーンランドC ☆◎▲(9点)21.9倍 的中

宝塚記念-3連複宝塚記念-馬連

 


昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂】PREMIUM
【おすすめ度】★★★★★★★★★★
【URL】http://www.premium-h.jp/

【おすすめポイント】
投資を謳う競馬情報サイトは幾つもありますが、その中で本当の意味での投資を実現している数少ないサイトの一つがPREMIUMです。独自に開発された予想システムは「負けない競馬術」とも呼ばれ、予想家レベルでは到達不可能な“高的中率”“高回収率”を実現。資産運用の一環として利用されることも多く、個人投資家等から高い支持を集めています。

 

【第1位】PRIDE
【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://pride-k.com/

【おすすめポイント】
元ジョッキー遠藤真吾氏が完全監修する至極の予想。真偽が定かではない情報が溢れている競馬情報業界に一石を投じる本物の情報がここにあります。現場に携わった者だからこそ知る競馬界の真実。そして、そこからもたらされる圧倒的な的中精度と業界最高クラスの人脈。遠藤真吾氏が元ジョッキーのプライドを賭けて贈る情報は一見の価値ありです。

 

【第2位】ヒットザマーク
【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://hit-t-mark.jp/

【おすすめポイント】
的中を射止めるために最も重要とされるのが、どれだけ最新の情報をリアルタイムで手にできるかという点。しかし、当然の事ながら個人が入手できる情報の鮮度には限界があります。そこで登場するのがヒットザマーク。関係各所に張り巡らされた情報網があなたの目となり足となり、高確率で万馬券も可能な的中好機な情報をお届けいたします。

 

【第3位】ターフビジョン
【おすすめ度】★★★★★★★
【URL】http://tr-vision.net/

【おすすめポイント】
圧倒的な的中率の高さがおすすめポイント。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。 また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第3位」に認定します。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。

この4サイトがあれば競馬でしっかり儲けられそうですね。

それでは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


スポンサーリンク


関連記事-こちらもどうぞ