【新潟2歳ステークス2016】予想|クラシックに向けてイブキなどの注目馬が重賞デビューへ!

 





【神ログ無料メルマガ】今週の配信予定
2017年1月14日(土)10:00:愛知杯
2017年1月15日(日)10:00:京成杯


メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/
2016年12月23日中山大障害的中!
3連単 ○◎▲ 4点 8.9倍


週初めに書く記事は色々書くことがあるので困るのですがまずは先週行われた札幌記念の回顧を軽くしながら結果を振り返ります。まずは予想結果から言うと、○◎無とレインボーラインを嫌った結果3連抜けをしてしまいましたが、重い印を打った2頭がしっかりと結果を出してくれました。予想していた通りかなりパワーのいる馬場となりました。馬場的にはやや重表示でしたが直前まで雨が降っていたようです。これは馬場を見極めないとわからないことかも知れませんが重馬場まで悪くなっていた印象でした。勝利したネオリアリズムは終始マイペースの逃げに徹していましたがラップタイムを見るとほかの馬には厳しい流れになっていました。C・ルメール騎手の騎乗も良かったのですが、早い時計で逃げながら最後もしっかり脚を使っていたのでネオリアリズムが100%自分の競馬に徹した印象でした。秋に向けても良い内容のレースでした。モーリスには勝てないと思っていましたが自分のペースで簡単に逃げることが出来ると恐ろしい存在になりそうです。断然1番人気に支持されたモーリスですがいつもの力強さを感じることが出来ませんでした。休み明けの影響が出たのかスタートから動きが鈍く掛ってもいました。レースの内容を見る限りでは距離には問題なさそうですがタフな展開になるとマイルほど安定して見れないことがこの1戦で証明された結果になりました。3着のレインボーラインは見た目以上に強い競馬をしているので評価しています。スローでこそと思っていましたが、ハイペースにも対応しているので展開不問で自分の競馬をしっかりしてくれるのではないだろうか。古馬との対決が本格化してきますが、要注目の逸材と考えてもよさそうです。

 

2着に敗れたマイル王マーリスですが年内いっぱいで現役を引退することが22日わかりました。今後は天皇賞秋に直行して年末の香港が引退レースとなります。来年からは種牡馬としての人生が始まります。モーリス2世も楽しみですが、まずは国内ラストランになる天皇賞秋でR・ムーア騎手とともに国内ラストランにふさわしい競馬をしてほしいです。来年には種牡馬として馬生を歩むためには得意条件のマイルではなく天皇賞秋を制して種牡馬としての価値を上げたいところでしょう。ただ豪華なメンバーが集まりそうなのでそう簡単にはタイトルを取れないと思うが、鞍乗もさらに強化して負けられない2戦が続くので陣営も各レース120%のデキで出してくるでしょう。陣営の思惑が勝つか、それとも他馬が阻止をするか秋競馬は色々な路線でファンを楽しましてくれそうです。

 

今回はまだまだデビュー戦が行われていますが、一足先に重賞に駒を進めた2歳馬達の戦いである【新潟2歳S】の1週間前展望をしていきます。この世代にとっては最初のマイル重賞です。年末の2歳GⅠや翌年のクラシック戦線を見据えての素質馬が揃うレースなので注目の1戦です。今年の新馬戦は新種牡馬の活躍がかなり目立っています。その中でもルーラシップ産駒の活躍が目立っています。このレースにもその産駒がいるので注目度が高いレースになるでしょう。

 

★有力出走予定メンバー

イブキ
キャスパリーグ
マイネルバールマン
モーヴサファイア
リンクスゼロ

 

今年のクラシック路線も内容が濃い世代ですが、現2歳世代もかなりの素質馬が揃っているのでまだまだデビューしたばかりですが来年のクラシック戦線が楽しみであります。私が注目しているルーラシップ産駒の子供も出ているのでしっかり注目して来年に繋げていきたいです。

 

★有力メンバー短評

イブキ
新馬戦では東京1800mを使ってデビュー勝ちしたルーラシップ産駒期待の星と評されています。新馬戦でも強い内容で勝利していました。最後も良い脚色で伸びてタイムも良いのでこのメンバーなら注目せざるえません。調教の動きも非常に良いので期待がかかります。行き脚も良くてスピードがある馬なのでこのコースは問題ないでしょう。ここを使ってきたことには疑問を感じますが、ローテーションを楽にするためにも負けられない1戦でしょう。

 

キャスパリーグ
血統的にこのレースで1番注目されているのはこの馬かも知れません。ディープインパクト産駒の今年の1番星です。小柄な牝馬なので混合戦になると少し部が悪いかも知れませんが、新馬戦のレース内容を見る限りではそこまで気にしなくて良さそうです。同じ配合パターンにはGⅠ馬や実績が豊富な馬が多いので期待出来ます。ここでも好走出来れば一気にクラシック有力候補に名乗りでるでしょう。

 

マイネルバールマン
前走のダリア賞はレースレベルはあまり高くありませんでしたが、このレースに向けての叩き台だと考えると問題ないレースぶりだったでしょう。仕上がりも中途半端な感じでした。今回は調教の動きを見る限り問題なさそうです。距離延長戦ですがこのレースをクリアすればクラシック路線も見えてくるので陣営としても勝負したいレースでしょう。

 

モーヴサファイア
ブラックスピネルの半妹なのでここでも人気しそうです。デビュー戦でも兄同様に良血馬らしい競馬で素質の高いレース内容でした。派手な強い勝ち方では無かったものの、どんな展開にも対応出来る強い競馬でした。血統的には嫌われそうですがこのメンバーで先行出来る脚質なのでチャンスは十分でしょう。

 

リンクスゼロ
有力メンバーの中ではレース経験が豊富で今回で5戦目になります。未勝利戦で少し出遅れましたが、4戦とも馬券圏内と安定感は別群で連勝中の勢いもあります。この時期に5戦目なので上積みなどは期待出来ません。体調面も気になるので軸には不向きですが馬券から消すことの出来ない馬でしょう。今回は前回ほど楽に逃げることは無理でしょう。

 

★今年もこのレースから期待馬が現れるか!?

近年このレースで勝った馬はクラシック戦線で結果を残しています。2013年の勝ち馬はハープスターで桜花賞を制して、2着馬のイスラボニータは皐月賞を制しました。2014年の勝ち馬ミュゼスルタンはNHKマイルCで3着、2015年の勝ち馬ロードクエストはNHKマイルCで2着とのちのGⅠで活躍を見せています。今回のメンバーは素質馬が多いので、のちのGⅠで活躍しそうな馬がいそうです。レベルが高いレースになりそうなので、来年のクラシック路線や重賞路線のためにもしっかり注目しましょう。

 

1週前軸馬候補 ⇒ 人気ブログランキングで発表

 

この時期の2歳重賞なので状態と完成度に重きを置いて予想したいです。そうすると現時点ではこの馬が少し抜けていると考えています。新馬戦での走りは驚きました。もう少しボリュームアップしてほしいですが、怯まずに競馬をしていたのでここでもしっかり競馬が出来れば期待が膨らみます。

 

 

【神ログ】では、無料メルマガ会員を募集しています。

ご登録・ご利用はこちら【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━

安田記念 ワイド★ー△(3点)11.3倍 的中
鳴尾記念 馬連 ◎ー★(5点)6.3倍的中
エプソムC 馬単 ◎ー▲(5点)11.7倍 的中
ユニコーン 3連単 ◎○△(8点)15.6倍 的中
宝塚記念 馬連/3連複 的中
宝塚記念-3連複宝塚記念-馬連

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■ 新潟2歳S(G3) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
新潟2歳Sを3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ダービーからダービーへ。この言葉通り、2歳の新馬戦が6月スタートに早まって以降、当レースの価値は年々上がり続けている。その最たるレースが13年、ハープスターとイスラボニータという2頭のG1馬が誕生。昨年の勝ち馬ロードクエストもNHKマイルC2着などG1戦線でも活躍。今年はどんな期待馬がこのレースから羽ばたいていくことになるか、注目の1戦である。

レースの内容としては、近年は決着タイムが早くなっている。ここ5年で2度のレコードタイムが記録され、昨年もやや重ながらレコードと0.4秒差での決着。ここを勝利した馬の後の活躍を見ると、それ相応の能力がこの時点で必要になってくる。新馬戦・未勝利戦の内容を精査して挑みたい。

元JRA競馬学校教官の徳吉一己を筆頭に、競馬サークル内に幅広い情報のパイプを持つ競馬セブンは、すでに強力な情報を入手している『鉄板軸馬』『爆弾穴馬』に狙いを定めており、直前ギリギリまで『騎手情報』を重点的に洗い出し、展開面を丸裸にした上で的中を狙う算段。

今回は特別に直前情報・天候・馬場状態を加味した最終ジャッジ【新潟2歳S~馬連3点勝負~】を当日8/28の13:30頃に無料配信。「どの馬を狙うべきか少しでも迷っている」という方は、是非とも参考にしてみてほしい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■ 新潟2歳S(G3) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
新潟2歳Sを3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

七騎の会:新潟2歳S300_250

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


スポンサーリンク


関連記事-こちらもどうぞ