【読売マイラーズカップ2016】予想|悲願の安田記念制覇へ!ダノンシャークが好調福永祐一騎手と再結成!

   2016/04/19





【神ログ無料メルマガ】今週の配信予定
2016年12月10日(土):チャレンジC
2016年12月11日(日):カペラS

メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/
2016年12月3日ステイヤーズステークス的中!
馬連 ◎〇 3点 8.8倍
3連単 ◎○▲ 8点 27.1倍


桜花賞とは一転して皐月賞は想像を越えた決着となりました。3強対決と週始めから盛り上がっていましたが、蓋を開けてみると3強が全てディーマジェスティにねじ伏せられる結果になりました。ペースが流れる展開になり彼にとっては大好物の展開となったので良さが生きた印象を受けました。蛯名騎手も勝利ジョッキーインタビューで言っていましたが勝つならこの戦法とこの展開しか無いといった感じでした。最後の脚色は父ディープインパクトを彷彿させる強烈な末脚でした。

 

蛯名騎手曰く東京コースの方がこの馬の持ち味を最大限に生かせるようなのでダービーでも一躍優勝候補に名乗り出た感じです。マカヒキは危険だと判断しましたが川田騎手は覚悟を決めた乗り方でした。最後の末脚勝負に賭ける乗り方で潔い良かったです。流れるペースの中であの位置取りは少し厳しい展開になったかも知れませんが強さは本物です。

 

リオンディーズは気性の荒さがモロに出てしまいました。約1ヶ月後に行われるダービーまでどれだけ修正出来ているかが鍵です。本命にしたサトノダイヤモンドは3着と大舞台に弱いC・ルメール騎手の悪さが出ましたが、明らかに1頭だけ馬体が緩い。完全にダービー1本に絞っているのは明白に見えました。緩い中で3着を確保した事をどのように評価するかがダービーでの的中に大きく関わってくるでしょう。皐月賞を制したディーマジェスティと蛯名騎手をはじめ陣営のみなさん、皐月賞制覇おめでとうございます。現時点では唯一ダービーで2冠目に挑戦出来る立場なので挑戦して欲しいです。

 

今週はGⅠレースの中休みと言うこともあって少し寂しい1週間ですが、注目の重賞レースが3つ組まれているので意外と忙しい週末になりそうです。その中でも【読売マイラーズカップ】は今後のGⅠレースに向けて非常に重要なレースになります。マイラーズカップと言っているくらいなのでマイル戦なのですが、安田記念・ヴィクトリアマイルの前哨戦として有名なレースです。勝ち馬には安田記念への優先出走権が与えられるレースなので注目です。

 

★マイラーズカップ2016有力出走メンバー

ダノンシャーク    福永祐一騎手
ダノンリバティ  松若風馬騎手
テイエムイナズマ  古川吉洋騎手
フィエロ
レッドアリオン  川須栄彦騎手

 

★マイラーズカップ有力メンバー短評

 

ダノンシャーク

メンバーレベルを考えると実績的にも抜けているし、近走は直線での不利もあってレース展開に恵まれていない印象が大きいです。馬柱だけみると非常に汚れている結果になっているがメンバーレベルの高いレースが多かったのが原因です。年齢的な衰えは否めないが7勝中5勝をこの京都コースで上げていますし地震がGⅠ馬となった舞台なので見限る事は出来ません。

 

ダノンリバティ

芝に戻ってから安定的な戦績を残しているのでここでは人気を分け合う存在になりそうです。ダートではこの馬の良さが生きないので芝に戻してくれたので大歓迎です。メンバーレベルの手薄な今回を次走に向けて弾みの良いレースをしたいです。

 

テイエムイナズマ

一時期は重賞では常連の様に彼の名前を聞いていましたがスランプに落ち1600万クラスに落ちそこから抜け出すのにだいぶ時間がかかりました。OP昇格後は4戦目で勝利し安定した戦績を残しているのでようやく復調したかなといった感じです。前走の内容も非常に良く脚も良く伸びているので手薄な今回なら主役の1人か。

 

フィエロ

重賞では1度も勝利がないので勝利となるとワンパンチ足りない印象ですが、安定感はある馬です。しかし主戦騎手のM・デムーロ騎手は騎乗停止のため誰が乗るのか不明ですし、前走は海外なので海外帰り初戦は名馬でも厳しい戦いになるのでここでも厳しい可能性が高い。

 

レッドアリオン

昨年の覇者ですし、このメンバーレベルなら昨年より楽な展開で競馬が出来るでしょう。近走の戦績はあまり良くありませんが、前走の小倉記念のレースを見ているとまだまだやれそうです。ただスタートに難がある馬ですし,この馬も高齢馬なので状態などには注目したいです。

 

★前哨戦ではあるがなかなかリンクしない距離。

冒頭で安田記念・ヴィクトリアマイルの前哨戦と言ったが実はあまり直結しません。前哨戦というのはあくまでも注力馬が本番前に対決するだけであって力関係を図る事は難しいです。やはり2012年から阪神から京都に舞台を移したのもありますし、過去の勝ち馬をみても本番の安田記念では全く戦績を残していません。なので、安田記念に焦点を当てると軽視しても良いレースだと判断する方が安田記念で馬を絞れるかも知れません。

 

軸馬候補A ⇒ 人気ブログランキングで発表

やはり京都適性を考えるとこのメンバーの中では抜けている印象は受けます。近走は強い内容でレースするも直線で不利を受けたりしてなかなか結果に繋がりませんでした。脚を使ってないので馬体の状態も良さそうですし、得意な舞台で爆発すれば連軸としては信頼度が高い1頭です。

 

 

北山ステークス 3連複 ¥1,340 的中

北山ステークス的中

スプリンターズS馬連33.9倍 3連複16.9倍的中!

【神ログ】では、無料メルマガ会員を募集しています。

ご登録・ご利用はこちら【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/

※的中馬券の一部です。

 

軸馬発表A ⇒ ◎ 人気ブログランキングで発表


昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂】ターフビジョン
【おすすめ度】★★★★★★★★★★
【URL】http://tr-vision.net/

【おすすめポイント】
圧倒的な的中率の高さがおすすめポイント。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。 また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第1位」に認定します。

【第1位】ハイブリット
【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://okane.com/

【おすすめポイント】
競馬は知らないけど、単純にお金を儲けたい初心者の方から、自分で馬券を買っても勝てないとお悩みの玄人の方まで安心してご利用頂ける次世代型「複合投資競馬」 それがハイブリッドです。
「情報」だけでは競馬に勝てない「投資」だけでは資産が増えない…それぞれのデメリットを排除し、メリットを最大限に引き出し、有効的な本当の投資競馬を提案しております。

【第2位】的中ファクトリー
【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://tekichu.com/

【おすすめポイント】
『的中ファクトリー』はコアな競馬ファンに人気の高い情報会社ですが、競馬初心者の方でも十分にこのサイトを活用する事が出来ます。
とにかくコラムが充実しています。それも殆どが無料で読めますから、いきなり会員になった直後から豊富な情報を得る事が出来ます。なかなかここまで豊富な情報量を無料で読めるサイトは中々ありません。かなり読み応えのあるコラムです。

【第3位】競馬総本舗ミリオン
【おすすめ度】★★★★★★★
【URL】http://www.k-million.jp/

【おすすめポイント】
関係者が明かす一般的には公表されるハズの無い「完全なる裏側」を大公開!注目馬や激走馬のスクープ情報を筆頭に、馬券購入のヒントになる情報も無料で配信!さらに、当日最も「確勝性」が高いと思われるレースの買い目を極少点数でご提供!他では真似できない極上の無料情報をお楽しみください!無料予想も有料予想も両方凄い為、「第3位」に認定します。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。

 

この4サイトがあれば競馬でしっかり儲けられそうですね。

それでは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


スポンサーリンク


関連記事-こちらもどうぞ