【東京新聞杯 2014】順延の影響

 

 
馬主「大魔神佐々木」の予想は目線が違う!実績が違う!
------------------------
ジャパンC(G1)
◎シュヴァルグラン
3連単 13,340円的中!
予定通り京都大賞典から使えた今年の方が間隔的にも余裕があり、中間もしっかりと調教を積む事ができました。デキは昨年以上だと思います。
------------------------
ジャパンカップをを獲った男の最終結論が見られるのはうまスクエアだけ!
 

【神ログ無料メルマガ】今週のメインレース
2017年11月25日(土)15:40:京都2歳S
2017年11月26日(日)15:40:ジャパンカップ

メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/

みなさん、こんにちは。管理人ひろです。

出直しとなった東京新聞杯。

出馬投票もやり直しとなり、先週の予想は白紙となってしまいました。

 

先週の見解や予想などで参考になる部分もありますので、
ご関心のある方は、過去の記事を見直していただければと思います。

 

さて、1週順延の「東京新聞杯」を改めて見ていきましょう。

 

■順延の影響■

通常、競馬に出走予定している馬は、体調管理など
様々な施しを受けてレースに臨みます。

 

1週順延されることにより、馬の体調が変わることがあります。

輸送するだけでも、馬体重の変動がある馬ですから当然のことだと思います。

 

しかも、今回のようなケースでは2度の輸送を短期間で強いられる馬も
出てきますよねー。

 

そして、職業競馬として働く人たちの事情も変わってくるものです。

 

先週は28頭の登録がありましたが、
今週になって出走回避が出るなど登録馬が20頭になりました。

 

回避する馬がいる一方で、順延されたことで都合良く登録してくる馬もあるのです。

 

日程順延は、予想する競馬ファンにとっては、
“超不確定要素”と言えるのではないでしょうか・・・。

 

そういったレースを予想しろと言われても

「通常でも当たらないのに・・・^^;」

ってなりますよねー(#^^#)

 

 

従って、このようなレースは「積極的に馬券を買わない。」

のが賢明だと考えています。

 

つまり「ケン」するレースになるのです。

 

ですが、こうして多くの皆様に読んでいただいているわけですから、
なんとか予想を組み立てて最終予想で発表させていただき、
少しでも皆さまのお役に立てればと思っています(^^)/

 

ダノンシャークは、回避しましたね。

 

先週の予想でも印に入れていなかったので、ここは影響はありません(^^)/

 

最終追切、枠順、輸送などいろんな側面から引き続き検討していきますので、
よろしくお願いいたします(*^^*)

 

ではまた(^_-)-☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。