【函館記念2017】出走予定馬|予想|予想オッズ10.1倍サクラアンプルール、新コンビ蛯名騎手と重賞初制覇へ!!

 

 
【無料】菊花賞はキセキが絡んでも3点30倍を狙える穴馬が存在
 

【神ログ無料メルマガ】今週の配信予定
2017年10月21日(土)10:00:富士S
2017年10月22日(日)10:00:菊花賞

メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/
5月6日 GⅡ京都新聞杯 ◎☆ 馬連(5点) 8.8倍
5月10日 羽田盃 ◎☆ 馬連(5点) 3.3倍
5月31日 さきたま杯 ◎○☆ 3連複(9点) 2.3倍
6月7日 東京ダービー ◎○△ 3連複(4点) 6.3倍
6月8日 北海道スプリント ◎○▲ 3連複(4点) 2.6倍
6月14日 関東オークス ◎▲△ 3連複(6点) 23.9倍
7月17日 マーキュリーカップ ◎〇▲ 3連複(4点) 3.4倍
7月30日 クイーンステークス ◎▲ 馬連(5点) 22.1倍

7月10日から北海道にあるノーザンホースパークで日本競走馬協会が主催の「セレクトセール2017」が行われています。日本最大級の競走馬のオークションで過去にはディープインパクトなどの名馬もここで落札されています。昨年は億越えの競争馬がたくさん登場しましたが、今年は昨年以上に億越えの馬が誕生しそうです。1日目の10日にはシルバーステートの全弟シルヴァースカヤ2016がスタートから1億円で最終的に2億6000万円で落札されました。ビッシュの弟やリアルスティールの妹なども1億円越えで落札されているので今年も億越えの競争馬が何頭も生まれそうです。

 

 

夏競馬が始まって日曜日に2重賞が行われる週が続きましたが、今週は1重賞しか行われないので少し悲しい週末になりそうです。今週唯一の重賞は函館芝2000mで行われる函館記念には面白いメンバーが揃ったので全力投球で勝負したいです。

 

 

★有力出走予定メンバー

サクラアンプルール 蛯名騎手
サトノアレス
ステイインシアトル
マイネルミラノ   丹内騎手
ヤマカツライデン

 

先週行われた【七夕賞】に続いてのサマー2000シリーズ第2戦となります。サマージョッキーズシリーズにも関係のあるレースなのでレースだけでなくシリーズ戦としても注目のレースです。

 

 

★有力メンバー短評

サクラアンプルール

前走の大阪杯ではキタサンブラックなど強敵相手の競馬だったので2桁着順は仕方のない敗戦ではないでしょうか。前走の競馬を見る限りではここはどうかと考えがちですが、前々走の中山記念の競馬を見ているとここでも警戒しておきたい存在ではないでしょうか。中山記念はいきなりの格上挑戦でしたが強敵相手に2着と健闘しているので能力値は高い馬です。ここもメンバーは揃いましたが、前走よりかははるかに楽なのでここは軽視するのは禁物でしょう。

 

サトノアレス

昨年の2歳王者を決める戦いで勝利してクラシック戦線に名乗り出ましたが、皐月賞え2桁着順に敗れ脱落しました。前走の巴賞では再起を誓い出走して単勝オッズ1.5倍の人気を裏切らずに勝利しました。函館適性の高さも同時に証明したので適性面の心配はありません。まだまだ伸びしろがある馬なので叩き2戦目となる今回はさらにパフォーマンスを上げてくるでしょう。ただ巴賞に比べると相手関係も一気に強化されるので前走ほど簡単な競馬は出来ないでしょうが、2歳王者としてここが試金石となるのではないでしょうか。

 

ステイインシアトル

前走の鳴尾記念は初重賞挑戦でしたが強い競馬内容で勝利して重賞初制覇しました。前走の競馬内容から考えると逃げて勝負出来る馬なのでここでも逃げるのは濃厚でしょう。ただ今回は同型馬のマイネルミラノがいますし、前走の重賞勝利からマークされる立場にかわるので楽な競馬にはならないのではないでしょうか。さらに洋芝経験も無いので洋芝に対応出来るのか未知数な部分でもあります。能力的には高いですが不安材料が多いので馬券の中心視としては出来ない馬ではないでしょうか。

 

マイネルミラノ

同型馬のステイインシアトルがいるだけにどのような競馬をするのか注目なのですが自分の競馬が嵌まれば良績を残しているので馬券からは消せない1頭です。7歳とベテランの域に入りましたがオープンでも勝利しているので展開が嵌まるかどうかが鍵になるのではないでしょうか。重賞勝利経験もあり、函館適性も高く昨年の同レースを制している馬なので同型馬がいますが今年も展開が嵌まればあっさりの可能性も十分考えられます。

 

ヤマカツライデン

自己条件で6戦連続連対して満を持して重賞戦線に臨みましたがなかなか結果を残すことが出来ていません。前走の天皇賞春はタフな競馬で相手関係も強かったので参考外でしょう。馬券には絡めていませんが大崩れの無い競馬をしているので展開が嵌まれば条件戦の時の様な競馬を見せてくれるのではないでしょうか。ただ相手関係は前走に比べると下がりましたがそれでも強い相手ですし、現時点ではオープンで1勝しかしていない馬なので穴馬として注目したいです。

 

 

★函館記念はメンバーを考慮しても難解!

函館記念はサマー2000シリーズ第2戦なので知名度は高いレースだと思うのですが、毎年荒れるレースとしても有名です。夏競馬は基本適性面などを考えると難しいレースが多いのですが、函館記念は過去10年のデータを見てもかなり難解なことが想定されます。1番人気の馬が過去10年勝利していないので信頼出来ないレースです。さらに洋芝適性や滞在競馬・暑さなどさまざまなファクターが絡むので難しいとされています。今年はさらにメンバーもかなり混戦なので例年より一段と難しいレースになるでしょう。

 

 

1週前軸馬候補 ⇒ サクラアンプルール

初重賞挑戦となった2走前の中山記念では初挑戦とは思えない強い内容で強敵相手に良い内容の競馬したので、このメンバーな十分期待できるのではないでしょうか。前走よりはメンバーレベルが下がるのでここは見直しが必要でしょう。仕上がっていれば勝ち負けを演じてくれるのではないでしょうか。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第53回 函館記念(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
函館記念を3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

荒れるハンデ重賞と言われているように、ここ10年でも1人気の勝利馬がゼロ。人気馬の成績では、1人気[0.2.0.8]、2人気[2.0.2.6]、3人気[3.0.0.7]となっている。平均配当は、馬連8200円、3連複2万0760円、3連単16万4440円と波乱が多い。

昨年のケイティプライド(13人気2着)を筆頭に、二桁人気馬の伏兵が4頭も連絡みしている。3連単では10万馬券以上が7回も出ているように真夏の荒れるハンデ重賞だ。

暑さに弱い競走馬にとって夏場は体調の変化が大きく、能力通り力を発揮できない人気馬が凡走するケースが多く見られる。また、北海道は気候が涼しく暑さに弱い馬は北海道に来てから馬が激変する事も多くあり、近走の成績が悪くても体調面の変化で人気薄が好走し高配当馬券を演出している。

また、洋芝適性が一番の好走条件となるだろう。一度も洋芝を走っていないが、「洋芝適性があるので連れてきた」と厩舎関係者は北海道の洋芝に適性があると見込んで連れてくる勝負馬も多い。時計が掛かり力のいる馬場となる北海道の洋芝に適性があるかないかで結果は大きく左右される。

北海道にも現地スタッフを多数送り込んでいる競馬セブンでは「北海道入りしてから馬が変わった。今のデキなら勝てる」とV宣言を出している陣営の勝負情報を入手済。さらに、近走の成績からも人気にならないであろう、とある陣営が「今回は買ってもいい」と馬券のゴーサインを出している勝負馬がスタンバイ。今年も波乱必至のハンデ重賞を競馬セブンは少点数で仕留めます!

先日の函館スプリントSでは◎ジューヌエコール(3人気)から馬連3090円ズバリ的中!ユニコーンSも◎サンライズノヴァから馬連2860円ズバリ的中とダブル重賞獲り!

競馬セブン 春のGIでは
高松宮記念   馬連2150円的中 3連複3230円的中
大阪杯     馬連2320円的中 3連複4830円的中
皐月賞     馬連8710円的中
NHKマイルC 馬連1万7290円的中 3連複5万0600円的中
オークス   3連複4600円的中
安田記念    馬連1万0480円的中
馬連万馬券2本を含む万券3発!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『函館記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第53回 函館記念(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
函館記念を3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket