【七夕賞2017】出走予定馬|予想オッズ2.9倍マルターズアポジー逃げてサマー2000シリーズチャンピオンへ!!

 

 
レイデオロを脅かす関西馬は【神戸新聞杯】3連単勝負買目・無料る
 

【神ログ無料メルマガ】今週の配信予定
2017年9月23日(土)10:00:穴馬がいれば推奨
2017年9月24日(日)10:00:穴馬がいれば推奨

メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/
5月6日 GⅡ京都新聞杯 ◎☆ 馬連(5点) 8.8倍
5月10日 羽田盃 ◎☆ 馬連(5点) 3.3倍
5月31日 さきたま杯 ◎○☆ 3連複(9点) 2.3倍
6月7日 東京ダービー ◎○△ 3連複(4点) 6.3倍
6月8日 北海道スプリント ◎○▲ 3連複(4点) 2.6倍
6月14日 関東オークス ◎▲△ 3連複(6点) 23.9倍
7月17日 マーキュリーカップ ◎〇▲ 3連複(4点) 3.4倍
7月30日 クイーンステークス ◎▲ 馬連(5点) 22.1倍

夏競馬が本格化するということは競走馬の取引が盛んになるシーズンでもあります。今年も素質馬が売れに売れまくっていますが、絶好調中のサトノ軍団オーナーである里見治氏が今年のセレクトセールに20億円投入にして素質馬を買い占める模様です。個人馬主としてもはもちろんのこと本業の方も飛ぶ鳥を落とす勢いなので来年度のクラシック戦線でもサトノ軍団の活躍が見られそうです。

 

 

今週も土曜日には重賞レースが無く、日曜日に2重賞行われます。日曜日の福島競馬場で七夕賞が行われます。福島芝2000mで行われます。サマー2000シリーズの初戦です。実力のある馬が揃ったので見応えのあるレースになるのではないでしょうか。

 

 

★有力出走予定メンバー

スズカデヴィアス  横山典騎手
ゼーヴィント    戸崎騎手
マイネルフロスト  柴田大騎手
マルターズアポジー 武士沢騎手
ヴォージュ     内田博騎手

 

 

サマー2000シリーズ初戦なので実力馬が揃った印象です。予想オッズから見てもかなり混戦模様であることがうかがえます。各陣営秋というよりシリーズチャンピオンを目指している印象を受けるので状態面もしっかり確認したいです。

 

★有力メンバー短評

スズカデヴィアス

G1レースでは力不足なので足りない印象ですが、このクラスになると力上位ではないでしょうか。6歳の今年になって安定感が出てきており結果は残せていませんが、G1以外では崩れた結果を残していないのでここでは問題ないでしょう。相手関係もメンバーは揃いましたが抜けた存在がいるわけではないのでハンデを考えても勝負になると考えています。ただ年齢を考えると上積みがあるとは思えないので紐までではないでしょうか。

 

ゼーヴィント

近4戦重賞レースで連対率100%なので実績と能力を考えても力上位なのではないでしょうか。デビューから2戦は結果を残すことが出来ませんでしたが、未勝利戦で勝利して以降馬券を外さない安定した競馬を見せてくれています。近4走の重賞レースではハイレベルな相手関係の中で結果を残しているのでこのメンバーなら勝ち負け出来る存在でしょう。少し間隔が空きましたが休み明けでも走るタイプの馬なのでその辺りも問題ないでしょう。最終追い切り次第ではありますが軸に出来る馬なので馬券から消すことは出来ないでしょう。

 

マイネルフロスト

近2走はG3レースではあるものの馬券に絡んでいるので復活の兆しが見えてきたのではないでしょうか。2014年に日本ダービー3着に入った実力馬ではあるもののスランプに陥り結果を残せない時期が続いていました。2桁着順も目立っていましたが、近2走は本来の競馬を取り戻して馬券圏内が続いています。小回りコースは結果を残しているので問題ありませんし、距離もベスト距離なので適性面の心配はいらないでしょう。状態面が戻っている今なら複勝圏内なら狙えるのではないでしょうか。

 

マルターズアポジー

馬柱はハイレベルなG1レースに出走していたので2桁着順などで少し汚れていますが、ハイレベルなG1レースを除けば善戦が続いているので前走大阪杯では2桁着順に敗れたものの見直しが必要な存在ではないでしょうか。G3では馬券を外した事がないのでこのメンバーなら力上位なのではないでしょうか。結果を出している重賞レースは全てローカル重賞で福島競馬場では勝利している実績もあるので条件も問題ないでしょう。同型馬も不在なので単騎逃げに誘い込めば勝ち負け出来るのではないでしょうか。

 

ヴォージュ

デビュー戦こそ8着と大敗しましたが、以降は安定感のある競馬を見せてくれています。前走1600万条件を勝利して今回が初オープンレースにして初重賞なので少しハードルが高いですが、2連勝中の勢いがあるのでここでも1発の可能性が十分にあります。ハンデも55㎏で他の有力馬よりも2㎏軽いのでハンデを生かす競馬が出来ればチャンスは十分あるのではないでしょうか。

 

★サマー2000シリーズ2017開幕!!

サマー2000シリーズは【七夕賞】【函館記念】【小倉記念】【札幌記念】【新潟記念】の5レースでポイント制にして争います。全てのレースに出走する馬はローテーション的に少ないですが、各レース見応えのあるレースなのでこのシリーズ戦は非常に面白いです。特に唯一のG2レースの札幌記念は秋に向けて有力馬が始動するレースなので秋に向けても注目のレースです。昨年は七夕賞を制したアルバートドックがシリーズチャンピオンに輝いたので今年も七夕賞の勝ち馬には注目です。

 

 

1週前軸馬候補 ⇒ マルターズアポジー

トップハンデの57.5㎏は少し荷が重い印象がありますが、条件が好転する今回は馬券から外れる事は考えにくいので軸向きではないでしょうか。同型馬不在なので展開利も見込めるのでどのような競馬を見せてくれるのか楽しみです。

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第53回 七夕賞(G3)

先着100名様限定!
万馬券必至の【3連単勝負馬券】
特別無料公開!
ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏の恒例イベントとしてお馴染みとなったサマーシリーズ。ただ、設立当初とは違い、既に目新しさはなくなり、マスコミの扱いも普段の重賞と変わらなくなってきている。夏競馬期間中は記者が各地に分散し、いつも以上に人手不足。コメントや調教時計の使い回しなどは当たり前で、ホボ同じような紙面が出来上がるわけだ。そのため、馬券の肝となる情報はそこに載っていないことがほとんどである。

しかし、トレセン内の関係者にとってはシリーズチャンピオンに与えられる褒賞金(ボーナス)は魅力十分。七夕賞から開幕を告げるサマー2000シリーズであれば、馬主に3200万円、厩舎関係者に800万円が交付される。この褒賞金をめぐって、チャンピオンを狙う各陣営は様々な思惑を張り巡らすのだ。

チャンピオンになるためには、対象レースに2度出走し1つは勝利することが最低条件となる。七夕賞~新潟記念までは約2ヶ月間しかなく、決して楽な条件ではない。全てのレースに最高の状態で送り出すことは極めて難しく、各陣営もどこで勝負をかけるのか、“ヤリ”“ヤラズ”を考えて出走させるわけだ。実績馬が”人気になっても馬券に絡まず”というケースが多発するのにも、こうした裏事情が存在する。

さらに七夕賞はハンデ戦。例年、万馬券決着は当たり前で、10万馬券以上の特大配当も決して珍しくはないのだ。一般ファンにとっては超難解なレースだが、競馬界の大物OBなど関係者から確かな情報を入手できる情報ルートが在籍している当社シンクタンクにとっては、オイシイ馬券が狙える絶好のレース。事実、昨年の七夕賞でも情報通りの万馬券的中をお届けしているのだ。

論より証拠。当社シンクタンクに確かな情報力があることを知って頂くため。今年は特別に、万馬券を楽に狙える七夕賞の【3連単勝負馬券】を無料公開させて頂く。新聞には載らない馬券の肝となる情報を是非入手して欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第53回 七夕賞(G3)

先着100名様限定!
万馬券必至の【3連単勝負馬券】
特別無料公開!
ココをクリック!

シンクタンク:七夕賞300_250

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket