【ラジオNIKKEI賞2017】出走予定馬|予想オッズ3.4倍クリアザトラック秋に向けて負けられない戦い!!

 

 
【アイビスSD】勝つのはこの馬!3連単1点を無料公開!
 

【神ログ無料メルマガ】今週の配信予定
2017年7月22日(土)10:00:未定
2017年7月23日(日)10:00:未定

メルマガの登録はこちら!
↓↓↓【無料】↓↓↓
http://www.mag2.com/
中京記念2017ブログで予想発表!
2016年4月30日QE2世C(G1)的中!
馬連 10.4倍
2016年4月29日青葉賞(G2)的中!
馬連 7.8倍
2016年4月8日阪神牝馬S(G2)的中!
馬連 8.2倍

今年の年末は少し競馬界が変わったようです。例年有馬記念が実施される日は中山競馬場は11競走で構成されているのですが、今年は12競走で中山11Rで有馬記念が行われるようです。昨年同様に枠順も公開抽選が行われるようです。まだ夏競馬が本格的に始まっていませんが、もう冬のグランプリに向けての話題が取り上げられています。先週の宝塚記念で敗れたので秋は国内濃厚のキタサンブラックも出走してくれるのではないでしょうか。

 

 

今週から夏競馬が本格的に始まります。3場ともローカル開催なので競馬離れが加速する時期でもありますが、夏こそ競馬の醍醐味の1つと言っても良い新馬戦が本格的に始まるので競馬ファンにはたまらない時期ではないでしょうか。さらに秋に飛躍を誓う馬達が賞金稼ぎのために出走する時期でもあるので秋に向けての充電期間でもあります。今週福島競馬場で行われるラジオNIKKEI賞もその1つです。秋のクラシック路線出走向けて面白いメンバーが集まりました。

 

 

★有力出走予定メンバー

クリアザトラック  田辺騎手

サトノクロニクル  川田騎手

ニシノアップルパイ 吉田騎手

マイネルスフェーン 柴田騎手

ライジングリーズン 丸田騎手

 

 

今年の3歳世代はレベルが高いのでG3ですがかなりハイレベルなメンバー構成になったのではないでしょうか。秋に向けて楽しみな馬も出走しているので、秋クラシックのためにもここは注目しておきたいレースです。

 

 

★有力メンバー短評

クリアザトラック

今までのキャリアを見る限りでは重賞レースになると凡走していましたが、まだまだ成長途中でのレースだったのでそこまで悲観的に見る必要はないでしょう。前走の競馬を見る限りでは本格化の兆しが見えていたので、本格化した今なら重賞レースでも勝負になるのではないでしょうか。抜けた存在はいないのでチャンスは十分あるのではないでしょうか。血統的にも相性の良い舞台なので期待したいです。

 

サトノクロニクル

デビューから5戦連続連対を外していない実績馬です。実績からトップハンデの57㎏を背負うことになったのですが、前走も背負って勝利しているのでそこまで問題ないのではないでしょうか。ただ能力的に抜けている存在ではありませんし、上位メンバーの実力は拮抗しているので戦績程の信頼があるのかというと少し不明確な部分もあります。秋の事を考えると成長を促す方が良さそうなのですがこのレースを使う意図などを考えると取り捨てに迷う1頭です。

 

ニシノアップルパイ

有力候補の中ではキャリア的には少し物悲しいキャリアですが能力的には十分ここでも勝ち負け出来る馬だと考えてます。前走は厳しい条件の中で好時計を出しているのでここでは抑えておいて損が無い1頭でしょう。ようやく気性面も穏やかになってきて操縦性もついてきているので展開が嵌まれば十分1発が考えられます。好条件がそろった今回はかなりの前進が見込めるのではないでしょうか。

 

マイネルスフェーン

未勝利戦では安定した戦績を残しており重賞レースでもしっかり結果を残していたので春のクラシック路線で注目されていましたが凡走が続きました。共に東京2400mでのレースだったので距離と適性の問題ではないでしょうか。ただ血統的にはこのコースは問題ないので前進が見込めるのではないでしょうか。ダービーに出走している実力があるので立て直しすることが出来ればここでも勝負になるのではないでしょうか。

 

ライジングリーズン

前走の桜花賞では8着に敗れましたが、フェアリーステークスで勝利したりしているので能力を考えればここでも狙って面白い存在です。たださすがにここでは力不足な印象があります。牝馬で牝馬限定戦で結果を残しているので混合戦になるとさらに流れがタフになり厳しい競馬になるのでここはさすがに厳しいのではないでしょうか。

 

 

★絶好調中のサトノ軍団、秋も波に乗り続けることが出来るのか?

昨年まではG1では勝てないサトノ軍団と言われていましたが、サトノダイヤモンドの菊花賞を皮切りにG1タイトルラッシュでG1タイトルとは無縁とは言えなくなりました。さらにその相乗効果なのかほかのサトノ軍団の愛馬も好成績をおさめている傾向にあります。先週も圧倒的人気はキタサンブラックでしたが、勝利したのはサトノクラウンした。サトノ軍団の勢いはまだまだ止まらなそうなのでここでも1番人気必至のサトノクロニクルが勢いに乗って勝利する可能性を秘めています。夏の主役もサトノ軍団になるのか注目の熱い夏になりそうです。

 

 

1週前軸馬候補 ⇒ クリアザトラック

以前ほど厩舎に勢いは感じられなくなりましたが、それでも馬を育てる力はさすがなのではないでしょうか。能力はこのメンバーでは上位ですし、ハンデもあるのでここは好勝負を演じてもらわないと秋は厳しいでしょう。休み明けの前走で強い内容を見せてくれたので叩き2戦目の今回はさらに期待したいです。

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

   第66回 ラジオN賞(G3)
   第53回 CBC賞(G3)

先着100名様限定!
万馬券必至の【3連単勝負馬券】
特別無料公開!
ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ラジオNIKKEI賞は、ダービー終了後に行われる3歳限定のハンデ重賞。立ち位置の難しい条件であるため、やや小粒なメンバー構成になることは否めないが、前2年の勝ち馬(アンビシャス、ゼーヴィント)は、その後の重賞戦線でも活躍している。ハンデの重さを能力で払拭するか、はたまた小回り適性やハンデの軽さで能力差をひっくり返すか。一般ファンにはジャッジが難しいレースとなるが、各馬の能力差さえ正確にジャッジできればオイシイ馬券を掴めるレースとなる。

そして、同日行われる中京のCBC賞もハンデ戦。昨年は後にスプリンターズSを勝利するレッドファルクスが制覇したものの、当時は一介のダートのオープン馬に過ぎず、レースは10万馬券決着となった。サマースプリントシリーズの1戦に組み込まれているだけに、ボーナスが絡む“ヤリ”“ヤラず”などといった思惑もレース結果に大きく影響してくる。ラジオNIKKEI賞と同様に、このレースも、マスコミから入手できる情報だけで馬券検討をするには限界のあるレースだと言っていい。

そこで、世間や一般マスコミが得ている情報と我々が得ている情報の違いをハッキリと体感して頂くべく、今週は万馬券を狙い撃てるラジオNIKKEI賞(G3)・CBC賞(G3)の【3連単勝負馬券】を、シンクタンクを初めてご利用頂く先着100名様に限り、特別に無料公開する。競馬界の大物OBが情報ルートとして在籍し、あらゆる関係者から情報を聞ける態勢を整えている当社シンクタンクの情報力を、この機会に是非とも体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第66回 ラジオN賞(G3)
   第53回 CBC賞(G3)

  先着100名様限定!
万馬券必至の【3連単勝負馬券】を
    特別無料公開!
   →ココをクリック!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket